着付け小物・道具

【着付け小物】伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)

着付け小物>伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)   伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)とは 着物の衿と半衿の間に挟んで、重ねて着ているように見せる「下着衿」で、伊達衿(だてえり)とも重ね...
帯技法(織・染・素材)

【織り・帯】博多織(はかたおり)

織り>博多織(はかたおり) 博多織(はかたおり)は、福岡市の博多で生産される日本三大織物の一つです。  2018年に博多織伝来777周年を迎えた歴史ある織物で、経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定をされています。 博多織(はかたお...
帯技法(織・染・素材)

【帯・技法】ドロンワーク

帯技法>ドロンワーク ドロンワークは、レース刺繍の一種です。 布地の縦糸や横糸を、部分的に抜き取って残った糸をかがったり、渡した糸にステッチをかけたりして、布地に模様を描き技法のことを言うため「糸抜き手芸」などとも言うよ...
装身具

【鼈甲】べっ甲(べっこう)

装身具>素材>鼈甲(べっこう) 鼈甲(べっ甲・べっこう)は、南洋に生息するウミガメの一種「タイマイ」の甲羅を素材として作られた工芸品です。 江戸鼈甲屋さんの帯留めや簪 和装の装身具品としては、簪(かんざし)・帯留(おびどめ...
装身具

【装身具】びら簪(びらかんざし)・ビラカン

装身具>筥迫>びら簪、装身具>簪>びら簪 「びら簪(びらかんざし)とは、花嫁や七五三の筥迫(はこせこ)に差し込んで使う「ビラビラ」と呼ばれる歩揺(ほよう)の付いた飾りです。 びらびら付きの短いかんざしを、飾り房のついた「簪挿し...
装身具

【装身具】筥迫(はこせこ)

装身具>筥迫(はこせこ) 「筥迫(はこせこ)とは、花嫁の打掛や本振袖、七五三・女児晴れ着の胸元に入れる「小物入れのような物」のことです。   現在では、七五三や花嫁さんの衣装の装飾品として用いられ、実用すること...
きもの技法(織・染・素材)

【着物・技法】ふくれ織り

着物・技法>ふくれ織り(ふくれおり) ふくれ織り(膨れ織り)は、表面に盛り上がった「凹凸のある模様」を織り出した織物で、ジャガード織りの一種です。 コートや羽織の他、帯地としても使われています。   ...
帯技法(織・染・素材)

【帯・技法】ふくれ織り

帯・技法>ふくれ織り(ふくれおり) ふくれ織は、ジャガード織りの一種で、模様部分が膨れ上がって浮き出たように見えます。 帯地の他、コート地や羽織地にも使われています。   ふくれ織り(ふくれおり)とは...
きもの種類

【きもの種類】掛け着(かけぎ)

きもの>きもの種類>掛け着(かけぎ)  
きもの技法(織・染・素材)

【織物】ポーラ・サマーウール

織り・素材>ポーラー(サマーウール) ポーラは、ポーラーとも言います。サマーウールの1種であり、「ポーラ」というのは織り方の名前だそうです。 ポーラ(ポーラー)とは ポーラは、強撚糸を使った夏向けのウール(毛織物)です。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました