きもの技法(織・素材)

【きもの・織り】大島紬|一元式(ひともとしき)

きもの|織り・素材>大島紬・一元(ひともと)式 本場大島紬の一元式について お友達の「本場奄美大島紬」です。 「一元(ひともと)式・7マルキです」と教えていただきましたが、一元式って???調べてみると、本場大島紬...
きもの部位名称

【着物】腰上げ(腰揚げ)・こしあげ

着物>部位名称>こしあげ(腰揚げ・腰上げ) ■子どもウール着物の腰揚げ こしあげ(腰揚げ・腰上げ)とは 「腰上げ(こしあげ)」とは、着物の着丈 (きたけ) の長さを調節するために、腰の部分にする揚げのことです。 ...
きもの部位名称

【着物】肩上げ(肩揚げ)・かたあげ

着物>部位名称>かたあげ(肩揚げ・肩上げ) ■子どもウール着物の肩上げ ■こども2WAY浴衣の肩上げ かたあげ(肩揚げ・肩上げ)とは 「肩上げ(かたあげ)」とは、子どもの着物の裄丈 (ゆきたけ) の長さを調節するた...
着物

【着物】晴れ着・晴着(はれぎ)

着物>晴れ着・晴着(はれぎ) 成人式の晴れ着:女性の振袖 晴れ着・晴着(はれぎ)とは 晴れ着(はれぎ)は、表だった場、晴れの日に着る衣装(衣服)のことです。 晴れ着とも晴着とも書きます。  礼装・正装、式服・盛...
帯技法(織・素材)

【織り・帯】紹巴(しょうは)織り

織り・素材>紹巴織り(しょうはおり) ※紹巴織り・君主菊 袋帯 紹巴織り(しょうはおり)とは 紹巴織りとは、強く撚りをかけた糸を経糸と緯糸に用いた薄地の織物です。二重の経糸で、緯糸を包むように織り上げるため、...
きもの技法(織・素材)

【織り・きもの】阿波しじら織・阿波縮(あわちぢみ)

きもの|織り・素材>阿波しじら織(あわしじらおり) ※画像:本場徳島阿波正藍しじら織伝統工芸品・阿波しじら織木綿 阿波しじら織(あわしじらおり)とは 阿波しじら織は、通気性・吸湿性にすぐれた軽くて着やすい綿織物です。 別名「阿波...

【柄】名物裂(めいぶつぎれ)文様

柄・紋様>名物裂(めいぶつぎれ) ※写真は手持ちの「懐紙入れ」を撮ったものです。   名物裂(めいぶつぎれ)とは 「名物(めいぶつ)」とは、千利休をはじめ著名な茶人が「銘品」と認めた茶道...
バッグ・傘・扇子など

【和装バッグ】利休バッグ(りきゅうばっぐ)

バッグ>利休バッグ(りきゅうばっぐ) 利休バッグ(りきゅうばっぐ)とは 利休バッグは、和装用のボストンバッグのことです。 上の写真のタイプは「あおり型(あおりバッグ)」といって、真ん中のファスナー付本体の両外側に、...
着付け小物・道具

【着付け小物】伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)

着付け小物>伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)   伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)とは 着物の衿と半衿の間に挟んで、重ねて着ているように見せる「下着衿」で、伊達衿(だてえり)とも重ね...

【柄】几帳(きちょう)

柄>器物文様>几帳(きちょう)   几帳(きちょう)とは 几帳とは、平安時代以降、公家の邸宅に使われた布製の間仕切りのことです。 源氏物語の絵巻などによく描かれていますが、二本のT字型の柱に薄絹...
タイトルとURLをコピーしました