織り・素材

【織り】紹巴(しょうは)織り

織り・素材>紹巴織り(しょうはおり) ※紹巴織り・君主菊 袋帯 紹巴織り(しょうはおり)とは 紹巴織りとは、強く撚りをかけた糸を経糸と緯糸に用いた薄地の織物です。二重の経糸で、緯糸を包むように織り上げるため、...
織り・素材

【織り・素材】阿波しじら織・阿波縮(あわちぢみ)

織り・素材>阿波しじら織(あわしじらおり) ※画像:本場徳島阿波正藍しじら織伝統工芸品・阿波しじら織木綿 阿波しじら織(あわしじらおり)とは 阿波しじら織は、通気性・吸湿性にすぐれた軽くて着やす...

【柄】名物裂(めいぶつぎれ)文様

柄・紋様>名物裂(めいぶつぎれ) ※写真は手持ちの「懐紙入れ」を撮ったものです。   名物裂(めいぶつぎれ)とは 「名物(めいぶつ)」とは、千利休をはじめ著名な茶人が「銘品」と認めた茶道...
バッグ・傘・扇子など

【和装バッグ】利休バッグ(りきゅうばっぐ)

バッグ>利休バッグ(りきゅうばっぐ)   利休バッグ(りきゅうばっぐ)とは 利休バッグは、和装用のボストンバッグのことです。   上の写真のタイプは「あおり型(あおりバッグ)」といって...
着付け小物・道具

【着付け小物】伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)

着付け小物>伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)   伊達衿(だてえり)・重ね衿(かさねえり)とは 着物の衿と半衿の間に挟んで、重ねて着ているように見せる「下着衿」で、伊達衿(だてえり)とも重ね...

【柄】几帳(きちょう)

柄>器物文様>几帳(きちょう)   几帳(きちょう)とは 几帳とは、平安時代以降、公家の邸宅に使われた布製の間仕切りのことです。 源氏物語の絵巻などによく描かれていますが、二本のT字型の柱に薄絹...
仕立て・和裁

【仕立て】本裁ち四つ身(ほんだちよつみ)

仕立て>本裁ち四つ身(よつみ) ※本裁ちには、普通裁ち・三割衿裁ち・かぎ衽裁ちなどがありますが、上の図は「普通裁ち」の例です。   本裁ち四つ身(ほんだちよつみ)とは 本裁ち四つ身は、大人の...
仕立て・和裁

【仕立て】四つ身(よつみ)・中裁(ちゅうだち)

仕立て>四つ身(よつみ)・中裁ち(ちゅうだち)   四つ身(よつみ)・中裁ち(ちゅうだち)とは 四つ身とは、子どもの着物の一種です。 4~5歳用くらいから11歳くらいまでのきものを仕立てる際の「裁...

【柄】燕(つばめ)

柄>動物文様>燕(つばめ)   燕(つばめ)とは 燕(つばめ)は、春、暖かくなってくると、東南アジアから海を渡って日本へやってくる渡り鳥です。 By I, Malene, CC BY 2.5, ...
織り・素材

【織り】博多織(はかたおり)

織り>博多織(はかたおり) 博多織(はかたおり)は、福岡市の博多で生産される日本三大織物の一つです。  2018年に博多織伝来777周年を迎えた歴史ある織物で、経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定をされています。 ...
タイトルとURLをコピーしました