【柄】傘(かさ)・蛇の目傘(かさ)

きもの・帯の柄>器物文様>傘(かさ)・蛇の目傘(じゃのめかさ)   傘柄とは 傘は、直接かぶる笠とは違い「柄のついたもの」をさします。 蛇の目傘・番傘といった和傘がモチーフになっていて、開いた傘・半開...

【柄】枯山水(かれさんすい)

きもの・帯の柄>自然文様>風景>枯山水(かれさんすい)   枯山水(かれさんすい)とは 枯山水は、日本庭園の様式の一種で、池などの水のないところに、石や岩を置いて自然の景観を作った「石庭」のこ...

【柄】茶屋辻(ちゃやつじ)

きもの・帯の柄>自然文様>風景>茶屋辻(ちゃやつじ)   茶屋辻文様とは 茶屋辻とは、江戸時代に生まれた「風景文様」のひとつです。 もともとは麻地に藍染めで、部分的に薄黄色を配したものであり、夏...
織り・素材

【素材】うずら縮緬(鶉縮緬・うずらちりめん)

縮緬(ちりめん)の中でも、特にシボが高くて大きいものを「鶉縮緬(うずらちりめん)」と言います。 上の写真は「撫松庵(ぶしょうあん)」さんの半衿です。 少し粗目の縮緬とうずら縮緬が横段になっていて、やさしく温...

【柄】梅(うめ)

きもの・帯の柄>植物>梅(うめ)  

【柄】雲取り(くもどり)

きもの・帯の柄>自然文様>雲(くも)  

【柄】蔦・つたかずら

きもの・帯の柄>植物>蔦(ツタ・つたかずら) ※写真の紬についてはこちら  

【柄】有職文様(ゆうそくもんよう)

きもの・帯の柄>古典文様>有職文様 有職文様(ゆうそくもんよう)とは 有職文様は、平安時代からの公家の装束や調度品に用いられた伝統的な文様の総称です。 奈良時代~平安初期に隋や唐(中国)から伝わった文...

【柄】兎・うさぎ

きもの・帯の柄>動物>兎 ※写真のコーデについてはこちら
装身具

懐剣(かいけん)

「懐剣」とは、読んで字のごとく「ふところ(懐)刀」のことです。 昔は護身のために懐に入れて短刀を持ち歩いたため、懐剣と呼ばれるようになったのだとか。 現在では、七五三や花嫁さんの衣装の装飾品として用いられます。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました