きもの部位名称

きもの部位名称

【部位名称】袖下(そでした)・袖底(そでぞこ)

袖下は、袖底とも言います。 袖の下部のことで、下図の黄色丸の部分を言います。 袖山の輪から袖丈をとって、縫い合わせた部分です。
きもの部位名称

【部位名称】袖丈(そでたけ)

袖丈(そではば)は、袖山から袖下までの長さ=袖の長さのことです。 下図の緑色矢印部分の丈を言います。 袂のページにも書きましたが、振袖・二尺袖(小振袖)など、袂の長さ(袖の長さ)が長いものは、未婚女性やお嬢さん(若い人)向け...
きもの部位名称

【部位名称】袖幅(そではば)

袖幅(そではば)は、そで幅・そで巾などとも書きますが、袖付から袖口までの長さのことです。 下図の緑色矢印部分の幅を言います。 着物と長襦袢、コートの袖幅 一般的に、着物と長襦袢の肩幅は同寸で、長襦袢の袖幅を着物よりも1...
きもの部位名称

【部位名称】袂(たもと)

着物の袂(たもと)は、下図の水色に塗った部分を言います。 袖の一部で、袖付より下の部分が「袂」になります。 袖下と振りの部分の袖と言っても良いかも。 振袖・二尺袖(小振袖)など、袂の長さ(袖の長さ)が長いものは、未婚女性やお...
きもの部位名称

【部位名称】袖

着物の袖(そで)は、下図の黄色く塗った部分を言います。 洋服同様、腕を覆う部分が袖です。 右袖と左袖 右手を覆う袖が「右袖・みぎそで」で、左手を覆う袖が「左袖・ひだりそで」です。 前袖と後袖 袖山(...
きもの部位名称

【部位名称】居敷当て(いしきあて)

着物>きもの部位名称>居敷当て(いしきあて)   居敷当て(いしきあて)とは 居敷当て(いしきあて)は、単衣の着物や長襦袢に付ける当て布のことです。 居敷当てを付ける目的はいくつかあって、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました