着物関連用語

きもの部位名称

【部位名称】乳(ち)と乳下がり(ちさがり)

「乳(ち)」とは、羽織の立衿の際にある『羽織紐を付ける輪っか(ループ)』のことです。「乳下がり(ちさがり)」とは、肩山から乳までの長さのことです。 羽織の乳(ち) 羽織紐を取り付ける「小さな紐の輪」のことを乳(ち)...
きもの部位名称

【部位名称】肩山(かたやま)

肩山(かたやま)は、前身頃と後身頃の境の「輪(わ)」になっているところです。 身頃の輪の部分で、袖付けと衿付けの間の部分が肩山になります。 楽天市場 着物肩山 和服肩山 ...
きもの部位名称

【部位名称】後幅(うしろはば)

後幅(うしろはば)は、後身頃の布幅のことです。 後巾とも書きますが、脇縫いと背縫い(背中心線)の間の部分ですね。 左右の後幅を合わせて、後ろ身頃の身巾となります。  裾で測るのが一般的で、大人の女性で約32cm~28cmくら...
きもの部位名称

【部位名称】前幅(まえはば)

前幅(まえはば)は、前身頃の布幅のことです。 前巾とも書きますが、脇縫いと衽線の間の部分ですね。 衽(おくみ)と合わせて、上前の身巾もしくは下前の身巾となります。 裾で測るのが一般的で、大人の女性で約25cm~28cmくらいのことが多いで...
きもの部位名称

【部位名称】身丈(みたけ)

身丈(みたけ)は、着物やコートの肩山から裾までの長さを言います。和裁では、仕立て上がった身丈の長さを「上がり身丈(あがりみたけ)」と呼びます。 ※内揚げは「縫込み済み」として見てください。 縫込み分と裾の縫い代はのぞきます。...
きもの部位名称

【部位名称】身八口(みやつぐち・みやつくち)

身八口・身八つ口(みやつぐち・みやつくち)は、袖付けと脇縫いの間の開いている部分のことです。 女性や子どもの着物には「身八口」がありますが、男性の着物にはありません。 女性の着物で大体15cm前後です。 羽織やコートは、10...
きもの部位名称

【部位名称】身頃(みごろ)

身頃とは、肩山を輪にして前と後ろに振り分けた「肩から裾までの部分」です。 背中側を「後身頃(うしろみごろ)」と言い、胸側を「前身頃(まえみごろ)」と言います。 和服では、身頃が1番面積の広い布になります。 後身頃は、背縫いを...
きもの部位名称

【部位名称】繰越し(くりこし)

繰越し(くりこし)は、女性の着物(襦袢・コート類なども)の衿肩明きの位置を、肩山から少し下げる寸法のことです。 繰越しを付けることで、衣紋を抜きやすくします。 ※衣紋を抜かないで着る男物の着物や子どもの着物には、繰越はとりま...
きもの部位名称

【部位名称】衿肩明き(えりかたあき)

衿肩明き(えりかたあき)とは、衿を付ける為に肩山の位置に入れる「切り込み」のことです。 左右の身頃に、背縫いから測って裁ちます。 ※女性の場合は「繰り越し」があるので、くりこし寸法分上がったところが肩山になります。(詳細はくりこしでご覧く...
きもの部位名称

【部位名称】肩幅(かたはば)

肩幅(かたはば)は、背縫い(背中心)から袖付けまでの長さのことです。 仕立て上がった和服の場合、肩幅は肩山の位置で測ります。 子どもの着物は、肩上げ(肩揚げ・かたあげ)をして、肩幅を調整することができます。 大人の着物は、長...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました