【織り・きもの】阿波しじら織・阿波縮(あわちぢみ)

しじらおりイメージきもの技法(織・素材)

きもの|織り・素材>阿波しじら織(あわしじらおり)

阿波しじら織
※画像:本場徳島阿波正藍しじら織伝統工芸品・阿波しじら織木綿

阿波しじら織(あわしじらおり)とは

阿波しじら織は、通気性・吸湿性にすぐれた軽くて着やすい綿織物です。 別名「阿波ちじみ」とも言います。
しじら織りの布

阿波しじら織には独特の風合いのシボがあり、このシボの凹凸で肌に張り付くことがありません。 そのため、さらりとした肌触りの良い生地に仕上がります。
綿素材なので汗をかいても自宅で手洗いできますし、快適な着心地です。 そのため「適暑衣料」として需要があがり、夏の浴衣や甚平の素材としても人気があります。

阿波藍を使った本場徳島「阿波正藍しじら織」は、昭和53年に国の通産大臣指定を受けた「伝統工芸品」です。

阿波しじら織の由来

阿波しじら織は、明治維新のころ、徳島の福島町(阿波阿宅村)で誕生したと伝えられています。

“海部ハナ”という織女が、昔から伝わる「タタエ縞」を参考として縞織物を織り、乾燥のために戸外に干しておいた。 それが突然の雨で濡れてしまい、晴れた日に干し直しをしたところ、布の表面に凹凸が生じてしまった。

そこからヒントを得て、苦心研究の末考案され、明治2年に「しじら」と命名されるに至った。

しじら織りの由来
長尾織布合名会社・阿波しじら織紹介より

しじら織の凸凹は、経糸の張力差を利用しています。 現代では、工夫して織られた布を75℃の熱湯をくぐらせて乾燥する事により、鮮やかなシボが浮き上がるのだそうです。

阿波正藍

本場徳島の「阿波正藍しじら織」は、阿波で栽培された植物藍と科学染料で染色されているそうです。
本場徳島阿波正藍しじら織

阿波で栽培された植物藍は、品質が高いため、他の藍とは区別して「正藍」と呼ぶそうです。 ちなみに、その他の地域で栽培された藍は「地藍」と言うとのこと。

現代の「しじら織り」は、藍だけでなく、全部で108色もの糸を使っていて、200種類以上の柄が存在するというからすごいですね。

しじら織りしおり

阿波しじら織を着る時期

阿波しじら織は、単衣時期~盛夏に着ることができます。
「5~9月頃まで着ていただける単衣木綿」ということなので、早ければGW明けくらいから着ても良いかもしれません。

真夏は浴衣として、素足に衿なしでも良いですし。
春や秋は、半衿や足袋を合わせて、単衣の着物として着ることができます。

浴衣で着れる着物ですから、かしこまった場所には向きません。
春から秋にかけての普段着物にピッタリな着物となります。

阿波しじら織のお手入れ

阿波しじら織は木綿ですから、自宅で簡単に手洗いできます。
ただし、洗濯で多少縮む事があるそうなので、最初は洗う前に採寸をしておくのが良いかと思います。

    1. たっぷりの水で手早く洗い、十分すすぐ。
    1. 糊付けした後、軽く脱水する。
    1. 袖たたみにして、手でたたいて小じわを伸ばす
    1. 竿か衣紋掛に形を整えて陰干しにして乾かす。
    1. アイロンは、当布をして軽くかける。霧吹きはしない。

抜染の阿波しじら織

抜染(ばっせん)とは、約1mの型を使って柄出しを行う、昔ながらの染抜き工法です。 全て職人さんの手作業で行われます。

しじらと言うと、縞やチェックのイメージが強いかもしれないですが、ムジナ菊や牡丹唐草など、古典的な柄も素敵ですね。

コメント

  1. […] 阿波しじら織は、通気性・吸湿性にすぐれた軽くて着やすい綿織物です。 別名「阿波ちじみ」とも言います。>>Read more […]

タイトルとURLをコピーしました