【和装バッグ】利休バッグ(りきゅうばっぐ)

バッグ>利休バッグ(りきゅうばっぐ)

利休バッグ

 

利休バッグ(りきゅうばっぐ)とは

利休バッグは、和装用のボストンバッグのことです。
和装ボストンバッグ

 

上の写真のタイプは「あおり型(あおりバッグ)」といって、真ん中のファスナー付本体の両外側に、ポケットのような収納スペースがあります。 この両側のポケットのことを「あおりポケット」と呼びます。
あおりポケット

 

かならずしも「あおり型」である訳ではありませんが、利休バッグはこのタイプが多いと思います。

 

利休バッグ(りきゅうばっぐ)の魅力

もともとはお茶席で使われていたバッグとのことですが、和装バッグとして優れているため、最近ではフォーマルからカジュアルまでいろいろなシーンで使われているバッグです。

■利休バッグ(りきゅうばっぐ)の魅力

  • 着物姿にとても良く似合う。
  • 軽くて、持ちやすい。
  • 収納力がある。
  • 素材やデザインにより、カジュアル向けとフォーマル向けがあるが、使用範囲が広いものが多い。

礼装向けの利休バッグ

利休バッグは、留袖や色留袖にも使えるような礼装向けのものもあります。

Amazon

礼装用としてお使いになるなら、草履とセットで揃えておくとより使いやすいかと思います。

 

利休バッグは、礼装用として使えるものであっても、準礼装や略礼装までつかるという汎用性が高い物が多いですし、お値段も割とお手頃なものが多いので、近年人気が上がっていると聞いています。

下の写真のバッグは友人のものですが、留袖用にとオリジナルで誂えられたものだそうです。 収納力もたっぷりあって、とても素敵です。
留袖利休バッグ

 

好きな帯地や着物の裂で、お誂えできるのも、利休バッグの魅力のひとつと思います。

 

名物裂の利休バッグ

金襴の名物裂を使った利休バッグは、お茶席用のバッグとしてよく見かけます。
名物裂の利休バッグ

 

色無地・付下げ・軽めの訪問着にあわせて、七五三や卒入学式の付き添い、カジュアルウエディングやパーティーにも向いています。
あまり金銀の強くない、落ち着いた色めの名物裂なら、小紋や紬でも持てるそうですから、お食事会・観劇・街歩きといったカジュアルなシーンにも使えますね。

 

 

夏物の利休バッグ

素材・でざいんによっては、通年使えるタイプの利休バッグもあると思いますが。

こちらは、夏用の利休バッグです。 生地が絽ですし、トンボモチーフですから、単衣~盛夏時期用になりますね。
絽の利休バッグ

 

下の写真は、カジュアル向けの夏用利休です。 白無地部分は合皮です。
夏用利休バッグ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました