【キモノの衣替え】春ひとえと秋ひとえ~帯や小物の合わせ方

ひとえキモノの小物あわせキモノの決りごと

袷の着物から単衣の着物へ、そして薄物へ。キモノの衣替えについてです。

4月・5月に単衣の着物を着る場合には、袷用の帯&袷用の小物で良いですが。 6月・9月の「単衣時期」は、夏の小物も合わせます。

毎年毎年「どうするんだっけ?」と迷いますので、備忘録として書いておくことにしました。 ワタシ自身の私見ですが、よろしかったらご参考までに♪

和装の衣替え・早見表

分かりやすいようにと表にしてみました。 東京が目安ですので、地域によっては違うと思います。 詳細は後述していますので、ぜひ文末までご覧ください。

■PCはクリックで大きく見れます。

キモノにしろ、小物にしろ。 透け感が強いものは盛夏、あまり透けが無い場合は、夏の前から(初秋にも)使えるというイメージです。

単衣着物を着る時期


一応、着物についても書きますね。 

単衣の着物を着るのは、6月1日~9月30日までです。 7月と8月は、薄物という夏の着物を着ます。 フォーマル(礼装)は、このルールを守るべきとされています。

一方、小紋や紬のような普段用キモノは、4月下旬くらいから着始める方が多いです。(関東ならGWあたりから)  もちろん、その日の気温によります。 暑くなければ、袷の時期には袷を着ます。(当たり前ですが)

  • 袷時期に単衣の着物を着る場合には、帯も小物(帯締め・帯揚げ・半衿)も袷用になります。
  • ウール木綿の着物は、単衣仕立てが基本です。 季節によって、生地の質感や厚さを変えますが、素材で言えば通年単衣で着るキモノです。 5月6月に着る木綿なら、しじら織りや綿紬のゆかたのような薄手のものを。

単衣の着物に向きとされているのは、裏まで柄が通った生地です。 めくれた時に「いかにも裏地が見えた」という違和感が無いものが良いとされています。

生地に凹凸がある、シャリ感があるなど。 薄地だけれど、肌にはりつかない素材感のものがオススメです。 化繊の場合は、涼感のあるものを。

単衣の着物に着る長襦袢

単衣の着物に着る長襦袢についてです。(下着ですし、見えない部分ではありますので、普段着の長襦袢は、個人の自由とも言われていますが、一般的なところを書いています。)

  • 袷の時期には、袖無双・胴単衣の長襦袢を着ます。 
    (全裏付きの袷長襦袢でも構いません。)
  • 暖かくなってきたら、単衣袖の長襦袢になります。 
  • 5月に入ると、絽縮緬とか、東雲縮緬(しののめちりめん)などでも。
  • 6月は、絽・紗の長襦袢がおすすめです。(堅絽・横絽・紋絽など)
  • 7月&8月の盛夏は、の長襦袢が涼しいです。 麻絽の襦袢は盛夏用です。
  • 色付きの麻(平織り)は単衣時期に。(真冬以外のスリーシーズンお召しになる方もいらっしゃいます。) 盛夏はキモノが透けるので、白色の長襦袢がお勧めです。
  • 汗をかく時期は、化繊の長襦袢も便利ですが、ポリエステルは暑い! なので、東レシルックの爽竹みたいな「涼感」のあるものがお勧めです。 きもの英(はなぶさ)さんも人気があります。

    ※絽の着物には、絽の襦袢。 麻の着物(上布)には、麻の襦袢。これが涼しいと言われますが、絶対ではないです

単衣の着物に締める帯


単衣の着物に締める帯についてです。

  1. 4月5月10月に着る単衣の場合>>軽やかで、暑苦しく見えない帯(袷と兼用)
    ex:塩瀬帯、博多織帯、薄手の八寸名古屋帯、木綿の帯、半幅帯
  2. 6月上旬>>上と同じ。
  3. 6月下旬>>夏帯(羅・麻は除く)
    ex:塩瀬絽、絽綴れ、紗の帯、半幅帯
  4. 7月8月(盛夏)>>夏帯
  5. 9月上旬(10日くらいまで)>>6月下旬に同じ。
  6. 9月中旬>>秋の気配を感じさせる、軽やかな帯
    ex:塩瀬帯、博多織帯、薄手の八寸名古屋帯、木綿の帯、半幅帯
  7. 10月以降>>袷の帯

※4月~6月のひとえには、爽やか・スッキリ系の色や素材感の帯がおすすめです。
 9月10月のひとえには、秋らしいテイストのものに。

※スケ感の強い羅・紗・紗献上の帯は、盛夏用。7月8月に。

6月・9月のひとえに締める帯には、実は考え方が2通りあるようです。


1つは、前半は袷用の帯(薄手の八寸やさらりとした塩瀬)で、後半は夏帯にする(絽綴れや九寸の絽など)といった上記のような内容です。

もう1つは「6月に入ったら夏帯+夏用の小物でOK」という考え方になります。ネットの呉服屋さんは、6月は夏帯でと案内されているところが多い気がします。


ワタシは、6月の前半・後半で分けるという考え方をオシています。 

実際に「どんな帯がオススメなのか?」と写真を入れると長くなるので、改めて別途書きます。

単衣の着物に合わせる帯揚げ


単衣の着物に合わせる帯揚げについてです。

5月末までは袷用です。色・柄・素材は、その日の着物や帯に合わせて決めます。

6月上旬:袷用の軽やかな帯に


6月上旬は、袷用の軽やかな帯に合わせますので、楊柳や絽縮緬、竪絽(経絽)など。 楊柳・絽縮緬は単衣限定の素材だそうです。 竪絽は、緯絽(横絽)よりも季節先取で使えます。

できることなら、半衿と帯揚げの素材を同じにすることが望ましいそうです。 半衿が絽縮緬なら絽縮緬。 楊柳ならば楊柳です。
ただ、絽縮緬や楊柳の半衿って、そうは売ってないんですよね。 なので、質感が近い「絽の半衿」を使うようにしています。 半衿については、後述します。

絽目は無くても、薄手で涼し気な縮緬・綸子の帯揚げは、単衣に使えます。 

薄手でキレイな色のうずら縮緬は、単衣時期にはぴったりですね。

通年使える織り分けタイプの帯揚げも、オイシイかも♪

6月下旬の帯揚げと、盛夏の帯揚げ

6月下旬は、絽綴れや塩瀬絽の夏帯ですから、帯にあった夏用の帯揚げをします。 6月中は絽縮緬も使えます。

7月8月は盛夏用の帯揚げです。 紗・紋紗・変わり絽・麻絽など、半衿と帯との兼ね合いで素材感を選びましょう。

以下、リサイクルで買っているので「何絽なのか?」確証がありませんが、手持ちの夏用帯揚げを撮ってみました。 透け感が強く、涼し気に見える帯揚げは盛夏用と思います。


光沢のあるものは、やわらかい着物に。 素材感があるものは、夏紬に合うと思っています。 どうしても着物や帯に合わないときには、絽縮緬や竪絽も使います。

長襦袢や薄物の端切れを、帯揚げとして使うこともあります。

そういえば、麻絽の帯揚げを持っていません。 1枚欲しいなぁ!

9月の帯揚げ

9月になったら、秋の気配を意識します。 

10日頃までは、まだ残暑が厳しいので、6月下旬と同じ感じで、色や柄を秋向けのものに。
10日過ぎたら、6月上旬や4月5月のひとえと同じ、軽めの袷用にシフトします。

秋草(萩・ススキ・女郎花など)や紅葉は、盛夏にも良く合う柄ですが、単衣で使うなら「秋単衣」向きと思っています。 紅葉は「楓」と言えば初夏モチーフなので、どっちもイケます♪

単衣の着物に合わせる帯締め

帯締め(レース編みのぞく)は、特に季節による決まり事がないので、細めでほっこり系では無いものならば、単衣時期でも盛夏でも使えます。

ひとえにおすすめと言われる「冠組(ゆるぎ)」帯締め

おすすめは「冠組(ゆるぎ)」の帯締めで、通年使用可と言われている優れものです。

盛夏用「レース編み」の帯締め

レースの帯締めは、夏用です。 7月8月限定と言われています。

丸組の夏用帯締めは、目が詰まっているものの方が、先取で使える気がします。 ワタシは6月半ばあたりから解禁してます~

以下、ワタシ的に「ひとえ向きかなー」と思う帯締めを撮りました。 春~初夏は明るい色、秋は濃いめの色が良いと思います。

帯留めで季節感を出す「三分紐」

三分紐もまた、通年使える帯締めの一種です。

季節感のある帯留は、該当する季節よりも少し先取で使うのが粋ですね。

夏には、ガラスや水晶、翡翠などの透け感のあるものが合います。

赤珊瑚は冬用と聞いたことがありますが、白ならいいかな? 鼈甲は通年良いかと思っています。

三分紐は、ゆかたにも!

浴衣(ゆかた)の半幅帯に三分紐+帯留めをするのも素敵です。 三分紐にもいろいろなものがありますが、ゆかたに使うのであれば、シンプルで細めのものが合うと思います。

創美苑さんのゆかた三分紐+帯留めは、カジュアルな夏着物にも♪

単衣の着物に合わせる半衿


■クリックで大きく見れます。

和装の衣替えは、半衿・帯揚げから入ると言われます。 

  • 帯は袷用でも、半衿と帯揚げはひとえ用に。
  • 帯が夏帯でも、半衿と帯揚げはひとえ用に。

先に小物を変えてから、帯→着物の衣替えをするということです。

半衿の場合、平織りの塩瀬の半衿であれば、9月半ば~5月末まで使えます。

6月1日~は絽の半衿ですが、絽半衿にもいろいろなものがありますので。 6月上旬であれば、絽目が狭くて、あまり薄すぎないものが良いと思います。

帯揚げ同様に、絽縮緬や楊柳、竪絽の半衿があればベストです。

麻絽の半衿は、盛夏限定です。

平織りの麻(絽目がない)&紙布の半衿は、5月~10月に使ってOK。 紬や木綿のカジュアル着物に合います。

素材別:絽の半衿の例


リサイクルで新古品の半衿を安く見かけたら、買うようにしています。
下は、正絹・東レシルック(化繊)・交織(絹と化繊)の絽の半衿です。

交織の絽半衿には、絹と化繊の他、綿が入ったものもあります。綿が入ると、少し厚手でカジュアルな風合いになります。

綿交織の半衿

麻絽の半衿は、盛夏用です。 麻の帯には、麻が合う気がします。

変わったところでは↓こんな半衿もあるんですね。 紋紗の麻襦袢についていたものです。

夏の半衿

素材は何でしょ? 凸凹があるので、肌にはりつかない分涼し気ですが、薄物用というよりは単衣用かな~ よく見ると絽目もあるので、しじらや綿紬のゆかたをキモノとして着る場合など、良いかもしれません。

夏に向くビーズの半衿・レースの半衿

ビーズの半衿も、単衣の着物に良く合います。(通年OKと言われる半衿です)

少し衿が厚くなりますが、ひんやりとして気持ちが良いし、汗汚れが付きにくい点が魅力ですね。

ビーズの半衿

レースの半衿は、「通年OK」とおっしゃるかたと「夏用でしょ?」とおっしゃる方。 2つの声があるようですが。 

レースにもいろいろあるので、爽やかな感じの見た目ならば、単衣~夏用に。 こってり・ゴージャス(重め)ならば袷用に。 と使い分けするのが良さそうです。

ワタシが持っているレースは、単衣~夏用かなぁ。 ちなみに、透け感のないレースは、盛夏には向かないようです。

ちなみにコットンレースのこちら↓は、夏用の半衿だそうです。


考とさせていただいた書籍とサイトをご紹介

以上、単衣きものの衣替えとあわせる小物について書きました。 あくまでワタシの私見ですので「それ、違いますよ!」と気づかれた方は、ぜひお知らせください。

たくさんの本やサイトさんを参考とさせていただきましたが、主だったものを書いておきますね。

コメント

  1. […] 詳細はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました