【柄】傘(かさ)・蛇の目傘(かさ)

傘柄

きもの・帯の柄>器物文様>傘(かさ)・蛇の目傘(じゃのめかさ)
傘の柄

 

傘柄とは

傘は、直接かぶる笠とは違い「柄のついたもの」をさします。 蛇の目傘・番傘といった和傘がモチーフになっていて、開いた傘・半開きの傘・閉じた傘など、いろいろな状態の傘が絵柄として用いられています。

中には破れ傘なんていうのもあるんですよ。
破れ傘

 

傘柄の季節

特に文様として季節の限定はされておらず、袷仕立てならば袷の時期に。 浴衣ならば盛夏に・・・・・・と、仕立てや素材で着る季節が決まります。
柄としては、通年の柄です。

こちらは「絹紅梅(盛夏用)」の薄物着物です。
傘絹紅梅

絹紅梅の傘柄

 

傘柄が使われる着物

傘柄の雨コートは、洒落てますよね。
傘柄コート

傘柄

 

傘の柄は、雨コートの他にも、着物・帯・鼻緒などにも使われています。

 

紬地の織の着物もありますし。

小紋染めの着物もあれば、フォーマルな訪問着もあります。 傘柄の長襦袢も素敵ですね。

 

傘紋とは

傘紋は、柄ではなくて「家紋」です。 

●三つ開き傘紋

 

●丸に三本並び傘紋

●蛇の目傘紋

※他にもいろいろな傘紋があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました