【柄】几帳(きちょう)

几帳文様

柄>器物文様>几帳(きちょう)

几帳柄

 

几帳(きちょう)とは

几帳とは、平安時代以降、公家の邸宅に使われた布製の間仕切りのことです。
源氏物語の絵巻などによく描かれていますが、二本のT字型の柱に薄絹を下げた帳(とばり)を言います。

几帳に用いる薄絹のことを「帷(かたびら)」と呼びます。
帷子には、草花や鳥などの華やかな文様が描かれて、振袖や留袖、訪問着などの絵羽模様によく用いられる柄です。

几帳(きちょう)を使用する季節

季節を限定しない室内調度品がモチーフなので、基本的には通年使用される柄です。

袷は袷の季節に、薄物は薄物の季節に、着物のシーズンに準じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました