帯留め

装身具

【鼈甲】べっ甲(べっこう)

装身具>素材>鼈甲(べっこう) 鼈甲(べっ甲・べっこう)は、南洋に生息するウミガメの一種「タイマイ」の甲羅を素材として作られた工芸品です。 江戸鼈甲屋さんの帯留めや簪 和装の装身具品としては、簪(かんざし)・帯留(おびどめ...
装身具

【工芸品】鯨歯

鯨歯と書いて、「ゲイシ」と読みます。 鯨の歯は、昔から福を呼ぶ・長寿の縁起物とされ、工芸品として人気があります。 上の画像は、鯨の歯の工芸作家「泉舟」さんの策なので、鯨歯を素材とした帯留めと思います。
装身具

帯留め

帯留めとは、帯締め(主には三分紐・四分紐)を通して前帯に飾る「和装の装身具(アクセサリー)」です。 ■パールや金銀使い:フォーマル向けの帯留 ■水晶・翡翠・瑪瑙など、天然石の帯留め。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました