小学校の卒業式で着る着物と袴。手持ちの着物にジュニア袴を合わせる。

小学校卒業式で着る着物と袴。ジュニア袴に合う着物について。 

小学校の卒業式で、卒業袴を着けることが流行ってきていると、小学生のお嬢さんをお持ちのママから聞きました。 
着物レンタル店やネット通販の呉服屋さんにも、『小学生用の卒業袴』のお取り扱いがあるようですが、お手持ちの着物(ママやお姉ちゃん、ご親戚の方がお持ちの着物)がある場合、お家の着物が使えたら助かりますね。
お手持ちの着物が小学生の卒業袴に合うかどうか?等、小学校卒業式で着る袴に合わせる着物について、書いてみたいと思います。 あくまでワタシの私見ですが、ご参考としていただけたら嬉しいです。

ジュニアの袴

※一般的な「袴に合わせることができる着物」については、卒業袴のページに書きましたので、こちらもご覧いただけると幸いです。

◆「卒業袴」には、どういった着物が合うのか?

卒業袴に合わせる着物

 

 

小学生の「卒袴」として使える着物かどうか?の判断ポイント

小学生のお子さんが卒業式にきる着物で、大事なポイントは以下の3つだと思います。

  • 着物のサイズが合うかどうか
  • 色・柄がお嬢さんに似合うかどうか
  • その学校の卒業式にふさわしい雰囲気の着物かどうか

和服のマナーやしきたりは、昔からの伝統・文化を受け継いだものとなっているのですが、そもそも小学校の卒業式に着物・袴で出るというのは、ここ数年で急に人気となってきたことのように感じています。

今とは学校制度(教育課程)が違うような昔のことはわかりませんケド、少なくともワタシが子どもの頃に、小学校の卒業式に袴を着ている子はいませんでした。
着付けの仕事をしていた時にも、七五三で袴を着付けることはあっても、小学校の卒業式の為にお支度(着付け・ヘアメイク)の予約を受けたことはありませんし、レンタルや撮影用の「小学生袴」の準備もなかったです。

◆参考画像:七五三用の袴をご卒園式に。
七五三の袴を卒園式に

つまり、最近になって着られるようになった「小学生の卒袴」には、特に決まり事がないのです。 短大や大学を卒業されるお嬢さん達が着る「卒業袴」を、そのままジュニア用にスイッチしている感じですね。 

ですので、上でご紹介しているような「袴に合わせる着物」であれば、どれを着ても良いということになるのですけど。
裄の長さは肩上げで調節するとしても、お姉ちゃんの振袖を借りて袂で道路を掃除するようではいけませんし、ママやおばあちゃんの地味すぎる色の着物を借りるというのもかわいそうです。

 

また、学校によっては「袴での参加を禁止」しているところもあるそうですし、中学の制服で出席される方が多いような場合には、華やかな振袖や二尺袖では浮きまくってしまいますから、ひかえた方が良いかもしれません。

そのあたりは、事前に学校の先生や周囲のお友達のお話を良く聞いて判断してみてくださいね。 着物+袴で出席される生徒さんが多いようでしたら、お子さんらしい可愛らしい色柄の着物を選ばれると良いと思います。

小学生に似合いそうな着物の色と柄

小学生が着る着物なので、色や柄は可愛らしいものが良いと思います。 個人的には、明るい色の可憐な感じの着物が好きですが、これはもう好みの問題ですよね。  ジュニア用の卒業袴のセットを買う場合やレンタルする場合には、カラフルなものからシックなものまでいろいろあるので、当人が気に入ったものでなるべく「顔移りの良さそうな色・柄の着物」を選ぶと良いと思います。

◆楽天市場・京都かしいしょうさんの小学生の卒業袴の例

ご自宅の着物の中からお子さんの卒業袴合わせる着物を選ぶ際には、着物を羽織ってみて違和感のないものを選んでください。 あまりモダンで洒落た柄は小学生には似合わないと思います。
古典柄やアンティーク柄は良いと思いますが、ゴージャス過ぎても個性的すぎても、学校の体育館(校舎)で行われる卒業式では浮いてしまうかもしれませんので、注意が必要です。
 できれば少し大き目な飛び柄ですとか、キレイな色の無地に抱き紋付きですとか。 十三参りに誂えるような柄の着物だったらすごく可愛いだろうな~と思いますが、そう上手い具合にはいかないですよね。 
お子さんに合う着物かどうか?判断しかねる場合には、足袋を買うついでや着付けの予約をする際に、地元の呉服屋さんや写真館に着物をお持ちになって見ていただくと、間違いないかと思います。 
レンタルの場合は、大学生や短大生の卒業袴を肩上げして、そのまま使用するけースもあるようです。 その場合は、あまり大人っぽい柄は避けて子どもが着ても違和感のない着物を選んでください。

◆小学生の卒業袴にも合いそうな着物の例
小学生の卒業袴に合いそうと思う着物の例

小学生の卒業袴で避けた方が良いと思う着物

卒業袴には、いろいろな着物が使えると書きましたが、やめておいた方が良い着物もあります。 ウールや紬のような織の着物です。

◆白大島紬と真綿系紬
白大島紬と真綿系紬の着物

漫画「はいからさんが通る」の紅緒さんが、通学等で日常着として袴を着けていたように、もともと袴は学生さんの普段着なので、式典でなければ構わないと思いますけど。

◆ウールの着物(アンサンブル)に袴の例
ウールの着物と袴

卒業式は「セレモニー」なので、参列される皆さんが「よそ行きの服装」をされるのでしたら、紬やウールの普段着着物はやめておきましょう。  「みんながスーツを着ているのに、ワタシだけジーパン!」みたいな感じになってしまいますから。
「じゃあ、周りのみんなが普段っぽい恰好だったら、紬やウールの着物でもいいの?」という疑問が出てくるかもしれないですけど、そうなると、みんな普段着なのになんで着物?ってことになっちゃう気がします。  「普段着物を着ない子どもが、わざわざ着物を着る」ということ自体、ちょっと特別なことですから。  普段着で行われる卒業式では、和服を着る意味がないような気がしますね。

着物のサイズが合っているかどうか?のチェックポイント

着物の着丈は袴で見えなくなりますので、気にしなくても大丈夫です。 気にかけていただきたいのは、裄丈・打ち合わせ(幅)の2点です。

◆着物のサイズのチェックポイントは裄と幅
裄丈と打ち合わせ

胸元(衿元・打ち合わせ)は、はだけずに、打ち合わせがきちんと取れれば大丈夫です。 着物の場合、前巾・後巾の寸法はそれほど気にしなくても良いのですが、あまりに着物の寸法と体格が違う場合には、打ち合わせが取れなかったり、妙に余ってしまって胸元がキレイにならなかったりします。
裄丈は、お子さんの場合、長い分には肩上げで調節できますが、短いと寸法直し(裄だし)をしないといけないので、そう簡単には解決しません。 
卒業式もフォーマルなシーンの類であると思いますので、腕をナナメ(45度)に下ろして、手首の小指側の骨がちょうど隠れるくらいがベストです。  普段着や浴衣といった着物は、もっと短い裄丈で良いのですけど、改まった席では長めに着るのが一般的です。 
お子さんですので、多少は裄が短くても良いと思いますが、腕が袖からにょっきり出てしまうようでは恰好が悪くなります。  手首の骨が5~6センチ出る程度なら許容範囲内かなぁと思いますが、あまり早い時期にサイズ合わせをしてしまうと、いざ卒業式で着ようと思った際には短くなっていることがあるので、ご注意ください。 それだけ、子どもの成長は早いってことです。
 裄丈がちょっと足りないという場合には、お袖の中で肘をすこし曲げていると目立たなくなりますので、写真を撮る際など気を付けるようにしてあげてください。

小学校の卒業式と十三参りの着物

◆楽天市場・大阪のきものやさん〜だるまや〜さんの正絹京友禅小紋生地(伊と幸)

関西の方は"十三参りで誂えた振袖を、成人式までお使いになる"と聞きましたが、十三参りは数えで13歳の4月に参拝するそうなので、ちょうど6年生で行う儀式なんですね。
ですので、十三参りでお誂えされたお着物を、その後卒業式でも着たらちょうど良いと思いました。
ただ、その場合「絵羽模様の豪華な振袖を誂えた場合には、小学校の卒業式に格が高すぎないか?」という心配もありますので、通っていらしゃる学校次第と思います。

関東では十三参り自体、行うという方が少ないですし、12歳(数えの13歳)で成人式の振袖を誂えるという習慣もありません。 
勤めていた写真館(東京)でも、十三参りの記念撮影をされる方はまれでしたが、スタジオの撮影用にレンタルされるお着物は、"二尺袖"や小紋で愛らしい柄ゆきのものを選ばれる方が多かったように記憶しています。  サイズが合えば大人用の着物を肩上げして使うことは可能です。
レンタルやネット通販での十三参りの小振り袖やジュニアの卒業袴セットは、ポリエステルのものが多いようですが、レンタルや仕立て上がりを購入される場合には、化繊で構わないと思います。  お誂えで仕立てられるのでしたら、高価にはなりますが、やはり正絹の着物が素敵ですね。

※卒業式の袴を買う場合・レンタルする場合の選び方は、次のページでご紹介します。

↑ PAGE TOP

 

 

↑ PAGE TOP