十三参りの着物と帯。十三参りに着る着物の肩上げや小物、帯結びについて等。

十三参りの着物と帯。十三参りに着る着物の肩上げや小物、帯結びについて等。

十三参り(じゅうさんまいり)に着る着物と帯。肩上げやコーディネート小物について。
ママの着物や男の子の羽織はかまについても。


 


 

十三参りに着る着物

十三参り(じゅうさんまいり)に女の子が着る着物は、大人と同じ「本裁ち(ほんだち)の着物です。 お参りが終わった後に、 肩上げを外し、その後はもう肩上げはしないで着物を着ることになります。

肩上げ

昔の京都の方は「十三参りの着物は本裁ちで作って、成人式までずっと着る」という話を聞いたことがありますが、 ここでふと、疑問に思いました。 肩上げを外してしまったら、当然「裄丈(ゆきたけ)は長くなってしまいますので、その長い分はどうするのかしら???

和裁師さんに聞いてみたところ、やっぱり十三参りで着物を誂えるのであれば、「本裁ち」でお仕立てするそうです。 ネットで調べて、 ちょうど十三参りの前後(8歳~16歳くらいまで)用の「本裁ち四つ身」という仕立て方があるということがわかったので、本裁ち四つ身についても尋ねてみました。

  • ・四つ身(よつみ):前巾で衽を取るつまみ衽。5歳~7歳くらい用
  • ・本裁ち四つ身(ほんだちよつみ):別衽を付ける。8歳~16歳くらいまで用
  • ・本裁ち(ほんだち):大人の女性用の断ち方(仕立て方)

最近のお嬢さんは体格が良いので、7歳の七五三用の晴れ着を本裁ち四つ身にされる方がいらっしゃるそうですが、7歳と12歳(かぞえ13歳)ではまったく体の 大きさが違ってしまうので、7歳で仕立てた本裁ち四つ身の着物を、そのまま十三参りで着るのは無理があるのでは?ということです。 7歳の晴れ着の腰上げを外したとしても、 十三参りの時には身丈が足りなくなるはずなので、どうしたって仕立て直しをすることになるだろうとのこと。

そもそも、衣紋を抜かない子どもの着物は「くりこし(衿の抜き具合に関係する寸法)」なんかも大人の着物とは違いますしね。 お袖の長さを どうするか?ということでも違ってくるので、七五三の着物を十三参りの後もずっと着るということはできません。 

そう考えてみましたら、思春期のお嬢さんは、ある程度カラダの成長が落ち着くまでは、お誂えは待った方が得策なのかもしれないですね。

楽天市場で「十三参りの着物」と調べてみました。 男女ともに、大体2万円台~3万円台でレンタルできるみたいですよ。 

楽天市場で「十三参り着物」検索した結果は一覧はこちら。

幸いにして、十三参りの晴れ着に決りはありません。 小紋・色無地・振袖といった着物が使えますから、お家にあるママやお姉ちゃんの着物を着ていただいて 大丈夫です。 もちろんレンタルで年齢にあった可愛らしい着物を探すというのもおすすめですが、お家に気に入った着物があるのであれば、お手持ちのものを使ってください。

もしも「大人になる記念に♪」と、着物をお誂えするのであれば、のちのちご卒業袴に合わせて着られる「二尺袖(小振袖)」を、 成人式と同じようなサイズで作っておかれるとよいのでは?と思いました。

15歳や16歳で着るには大きすぎるかもしれませんが、そのぐらいの年齢で着物を着る機会はそうないと思いますし、お正月用の着物でしたら、 お手頃価格のウールや化繊のプレタの着物でサイズの合ったものを購入していただけば良いと思うからです。 

あくまでワタシの私見ですけど、大人サイズの小紋や色無地の着物であれば、卒業式の後にもいろいろなシーンで着ることができますから、 振袖よりも活躍する場は多そうです。 しかも、結婚した後でも当分は着られますから、色柄によっては長く愛用していただけそうですね♪  あくまで仕立てる場合のお話です。 着物を着る機会がそうないのであれば、レンタルが1番手軽であるとは思います。


 

↑ PAGE TOP

十三参りに締める帯と帯結び

十三参りの祝い着には、大人と同じサイズの「袋帯(ふくろおび)」を締めてください。 間違っても、七五三やゆかた用の作り帯は使わないでくださいね。  街着用の「洒落袋帯」なんかもダメですよ。 フォーマル・セミフォーマル用で、アレンジ結びのできる袋帯が良いです。

■十三参りの帯結びの例
十三参りの帯結び4枚羽
十三参りの帯結びたて矢

十三参りの帯結びにも決りはないので、どんな帯結びでも良いと思いますが、華やかで可愛らしい帯結びがおすすめです。  祝い子である本人が主役なので、立て矢系の帯結び(帯結びの例・下画像)でも構いません。 ご成人式の帯結びより、少し小さめに結んでください。

ワタシ的には、オーソドックスな福良雀をちょっとアレンジしたような帯結びがおすすめです。 十三参りにとても合うと思います。

十三参り帯結び

「十三参りには、小紋・色無地・振袖といった着物が使えます」と書きましたが、着物の種類によって若干帯結びは変わってきます。 振袖でしたら、 少し派手めな変わり結びでも良いですが、小紋や色無地ならもっと控えめな帯結びの方がしっくりきますね。 帯結びについては、また別ページにてご紹介したいと思います。

↑ PAGE TOP

十三参りの着物につかう小物

十三参りの晴れ着の着付けやコーディネートは、大人の小紋・無地・振袖といった着物の着付け等とそう変わりはありません。  大きく違うと言えば、着物に肩上げがしてあるくらいでしょうか。 

ただし、帯を胸高に締めるとか、衣紋は抜かない、もしくは抜いてもほんの少しだけ・・・というような違いはあります。  着物に合わせるバッグや草履も、大人用より小ぶりな ものを選ぶようにしてください。  そのほか、半衿に使う刺繍衿や伊達衿などは、着物の雰囲気とお嬢さんの好みで選んで大丈夫です。

十三参りの着物にも、7歳の晴れ着のように「しごき」や「筥迫(はこせこ)」を使うこともあるようですが、無理に用意する必要はありません。

7歳のしごきと筥迫

7歳用の筥迫セットをお持ちの場合、サイズ感がお嬢さんに合うようでしたら、7歳用をお使いいただいても構いませんが、「しごきが短い・ 筥迫が小さすぎる」などと思う場合には、無理に使うことはしないでください。

最近では、成人式でも抱え帯を使う方がいらっしゃるので、しごきのかわりに抱え帯を使うというのも良いようです。 着丈が短くておはしょりが上手く 取れない場合には、しごきや抱え帯があると着崩れがしにくくなって便利かと思います。

抱え帯としごき

ワタシが持っている「冠婚葬祭事典」には、十三参りに着物と同色の「被布」を着ても良いと写真が掲載されているのですが、これまでに 十三参り用の被布を実際に見たことはありません。

■3歳用です。被布コートの例
三歳被布

 晴れ着をママが着付ける場合で、「帯結びはちょっと自信がないわー」なんて場合には、被布コートは便利だろうなと思うんですけど、 ネットでレンタルを探してみても見つかりませんでした。 残念です~。

↑ PAGE TOP

十三参りのママの着物

十三参りに付きそうママには、訪問着・色無地・付下げの着物がおすすめです。 主役はお子さんなので、 お子さんが小紋の小振袖であれば、ママの着物の格も下げてくださいね。 その場合は、ママも格のある小紋や品の良いお召しの着物でも良いと思います。

帯は着物の格に合わせて、袋帯か織りの九寸名古屋帯・袋名古屋帯を締めます。 おめでたい柄や正倉院模様のような格のある 柄の帯を選べば間違いないですね。 十三参りのママの装いは、七五三祝いのママの着物に準じます。

■七五三祝いのママの着物(付下げ)の例
七五三ママの着物

お子さんが洋装であったり、カジュアル寄りの着物の場合には、ママもカジュアルフォーマルの装いが素敵ですね。

京都小泉さんのカジュアルフォーマル(東レシルックの小紋)

ママの着物

↑ PAGE TOP

十三参りの男の子の羽織はかま

男子の正装は、黒羽二重の五つ紋付に縞袴ですが。

黒紋付

最近では、小学校の卒業式に男児も和服を着るのが流行っていますので、 十三参りの晴れ着も、お洒落なデザインの祝い着が主流のようです。

男児の十三参り

女子同様に十三参りの着物に特に決りはありませんので、七五三の祝い着のような絵羽模様の羽織に西陣織の袴を合わせた 衣装では気恥ずかしいという場合には、少しカジュアルダウンした渋めの羽織袴というのも大人っぽくて素敵ですね。

■5歳の晴れ着・絵羽羽織に西陣織袴の例
5歳晴れ着の例

■大人っぽい羽織はかまの装い。
十三参り男の子の着物


 

※本ページ掲載の着物写真(展示品)は、サローネin日本橋・京都染織青年団体協議会さんのブースを撮らせていただいたものです。


 

スポンサーリンク


 

↑ PAGE TOP