七五三の祝着。お宮参りの初着を七五三で使う。身上げの仕方と一つ身の着物。|お祝いの着物

七五三祝いにお宮参りの掛け着を使うには? 自分でする「身上げ」加工と一つ身着物の肩あげ腰あげ。

お宮参りで使った掛け着は、身上げをすれば七五三でも使えます。
自分でできる!身上げのやり方と、出来上がった「一つ身」着物の肩あげ・腰あげをご紹介します。


 


 

掛け着と身上げ後の一つ身の違い

お宮参りに使用した初着(掛け着)を加工&身上げすれば、七五三の祝い着として使えます。 思ったよりも簡単に出来ちゃいますから、掛け着をお持ちの方は、ぜひチャレンジしてください。  まずは、身上げ・加工をする前に、何を?どう変える必要があるのか?を理解するべく、加工前と加工後の「お袖の違い」を見てみましょう。

まずは初着です。 お宮参りの際、赤ちゃんを抱いた祖母や母の肩に紐をかけて使います。

初着の使い方

写真館での撮影では、椅子に座った赤ちゃんに掛けて「祝い着」にしたりもします。

掛け着の撮影

重たくなるので、撮影だけなら外してしまうこともありますが、正式には付け袖の付いた長襦袢を入れて使います。 水色の袖は、男の子用の「つけ袖」です。 女の子は赤色です。

初着の襦袢

通常、着物の袖口側は、手の出る部分(そでぐち)よりも下は、縫い留めてありますが。 初着は、全部開いています。

初着の袖

つまり初着は、お袖に特徴があるということです。 

  • ・襦袢に水色または赤い「付け袖(振り)」がある。
  • ・袖口下が開いている。(袖に丸みが無い)

お袖の加工をしてから、お子様のサイズに合わせて「肩あげと腰あげ」をします。

↑ PAGE TOP

・お袖の加工の方法

和裁の先生に、簡単にできるお袖の加工方法を2通り教えていただきました。 実際にやってみましたので、動画もぜひご参照くださいね。

やることは、3つ。 つけ袖を外す・袖口下を縫う・袖丸みを作る。 和裁初心者の私でも、案外簡単にできちゃいました。

■付け袖(振り)の外し方。(動画にするほどのことではないですが、どうせだったら最初からどうぞ♪)

↑ PAGE TOP

自分でする初着の袖のお直し・簡単バージョン

袖口下をくける。

・袖口を14cmとり、袖口下にマチ針を打つ。

・袖口下を本くけでくける。(着物の色に合わせて、糸の色は変えてください。)

■袖口下の本くけのやり方。


 

袂に袖の丸みを作る。

袖口下をくけたら、袂に丸みを作ります。 まずは動画でご覧ください。

■袖丸みの作り方。(1番簡単な方法)


 

・袖を中表にして、型紙で丸みのしるしを付ける。

初着の身上げ 丸み1

型紙は市販のものを使いました。 上の写真は7センチを使っています。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Clover(クロバー) 『袖丸み形(3枚セット)』
価格:923円(税込、送料別) (2018/9/14時点)

楽天で購入

7㎝、8㎝というのは直角を取った時の辺の長さです。 厚紙で作っても良いと思います。

袖丸み

※チャコペンで色が心配な時は、ヘラでしるし付けをしてください。

三角の袖角は、前袖側へ倒します。 前袖側が「表」となるように印付けをしてください。


 

・マチ針を打ち、半返し(または本返し)でしるしの上を縫う。

丸みを縫う

上の写真はワタシが縫ったものなので、イマイチですが。 動画は先生の手によるものなので、上の動画もご覧くださいね。

玉どめは、三角の袖角を折った時に、内側に隠れるように「前袖側」に出します。 


 

・糸2本取りで、半返しの下をぐし縫いする。

丸みをキレイに出すために、2本取りでタック(ギャザー)を取るべくぐし縫いをします。

袖丸みのぐし縫い

  • ・半返し縫いの5mm下をザクザク縫う。
  • ・端で折り返して、縫ったところと三角の頂点の真ん中を縫う。


 

・ギャザー(タック)を取りコテ(アイロン)をあてる。袖の裏地に留める。

ぐし縫いした糸の始めと終わりの糸を引いて、丸みをとるためのタックを寄せ、コテ(アイロン)でおさえます。 

丸みのタックにアイロン
※型紙を入れておくと丸みを取りやすいです。

ぐし縫いした糸の始めと終わりを結んで、タックが戻らないようにします。 解けないように2回結んでください。

糸を結ぶ

二本取りの糸の片方を切って、糸を1本取りにして。 三角の頂点と袖の裏地を一針縫ってとめます。

三角をとめる
※針は三角の表から入れて、袖の裏地を1針すくい、三角の表に戻って玉どめします。

袖を表に返せば、でき上がりです。 当て布をして、表からもコテ(アイロン)でおさえてください。

袖の丸みの出来上がり

この方法だと、袖を裏返した際に、丸みを作った三角の部分が見えてしまいます。 これが気になる方は、ひと手間かける方法でお袖の加工をしてみてください。


 

↑ PAGE TOP

自分でする初着のお袖の加工・ひと手間バージョン

左袖は、簡単バージョンで袖丸みを作りましたが。 右袖は、ひと手間かけて丸みの縫い代を「裏地」の中に入れて、両面キレイに見えるようにしてみますね。

袖丸みにひと手間

袖口を14㎝開けて、袖口下を「本くけ」するのは簡単バージョンと同じです。 最初に本くけで袖口下を閉じてください。

袖口下くける

まずは動画でご覧ください。


 

前袖の袖下の裏地を、20㎝くらい開ける。

前袖と後袖
裏地を開ける

表地と裏地の間から、袖下の角を引き出す。

袖を引き出す
引き出した袖下の角

袖丸み自体の作り方は簡単バージョンと同じ。

型紙で丸みのしるしをつけて、半返し縫い・ぐし縫い・・・・と、簡単バージョンをご参照ください。

ひと手間かける袖丸み

袖を元に戻して、開けた裏地を閉じる。

袖下を引き出すために開けた、裏地を本くけで閉じます。

袖の裏地を閉じる

袖の丸みひと手間バージョンの出来上がり

表地と裏地の袋の中に「三角部分」が入るので、見た目がキレイに仕上がります。

キレイな身上げの袖

↑ PAGE TOP

仕立て直して一つ身の着物にする。

初着の一つ身
掛け着の一つ身

上の着物は、お袖を解いて仕立て直しをされているようです。

だいぶ裏地(胴裏)が黄ばんでいますが。 袖がキレイに仕立て直しをしてあります。

着物の裏地と仕立て

胴裏が古くなってこんな風に黄変してしまったら、黄ばみが表地に移る前にはり替えた方が良いので、いっそ全部解いて「洗い張り→一つ身に仕立て直し」とするべきと思いますが。  まだ胴裏がキレイな場合には、袖だけ外して上のようなお袖に仕立て直すということもできます。

ただし、裏地にポリエステル(化繊)を使った初着(掛け着)の場合は、ミシン縫いが併用されている場合が多いです。(上の男児用の掛け着は、裏地が化繊でミシン縫いでした。)   ミシン縫いされている場合は、解いた際に布地に「縫いアト」が残ってしまって目立つため、全部解いて縫い直すよりも、「ひと手間バージョン」の方が美しく仕上がるそうです。

ミシン縫いを解いた「跡」を消すには、「すじ消し」していただくか「洗い張り」をしないとダメかな?と思いますので、ご自身で「お直し」をするよりは、専門店にお願いすることをお勧めします。

↑ PAGE TOP

初着のお直し(身上げ)をプロに頼む・元に戻してもらう。

自分で初着のお直しをしたくない場合も、専門店にお願いしましょう。 洗い張りをしての仕立て直しではなく、お袖の加工と身上げです。

楽天市場で、お直ししてくださるところを探してみました。 祝い着を元に戻してくださるお店もありましたよ。

↑ PAGE TOP

初着の身上げ~腰上げ・肩揚げ・一つ身の着付けなど

画像で飛んでね

腰上げイメージ

一つ身の腰あげ

腰上げの仕方。寸法の出し方・印付け・二目落としの縫い方。

一つ身の肩あげ

一つ身の着付けにいるもの

一つ身の着付け


 


 

七五三TOPページへ戻る

↑ PAGE TOP

スポンサーリンク


 

↑ PAGE TOP