卒業式・袴に合わせるブーツについて。タイツと靴下。

卒業式の袴に合わせて履くブーツ。

卒業式の袴に合わせて履くブーツは、どんなブーツが良いか?  ブーツのデザイン・色・ヒール・長さについて。 ブーツに合わせるタイツ・靴下はどうすればいい?

実際に袴に合わせてみて違和感のないブーツであれば、袴に履くブーツに特に決りはありません。  着物・袴・ブーツをトータルコーディネートした時のバランスを見て決めてください。


 


 

卒業袴の編み上げブーツと、編み上げ以外の紐なしブーツ。

卒業式の袴に似合うブーツでおすすめなのは、レースアップの編み上げブーツです。

レースアップブーツ

上の写真は「晴れ着の丸昌」さんのレンタル処分品のブーツです。 老舗の貸衣装屋さんが、袴に合わせて 貸し出しをされていたブーツですから、王道と言って良いと思います。

ブーツの素材は、合皮でも本革でも構いません。 光沢があるタイプでも、マットなタイプでも問題ないです。  ただし、ムートンブーツや布製、毛皮付きなどのブーツは、カジュアル過ぎて違和感があるような気がしますね。 

スウェードブーツは、表面に光沢のあるドレッシーなものなら合わせられると思いますが、イメージしてみて「ちょっと微妙~」と思ったのなら、 やめておいた方が無難です。

編み上げ以外のブーツ(紐なしブーツ)

袴のブーツは、レースアップ(編み上げ)と決まっている訳ではないので、紐穴のないブーツでも合わせることができます。

■紐なしブーツも素敵です。
紐なしブーツと卒業袴

ワタシの私見ですが、以下のようなブーツは避けた方が良いように思います。

  • ・厚底でアウトソールがギザギザしてるようなエンジニアブーツ
  • ・アンクレット部分に、装飾がたくさんついているタイプ。
  • ・履き込み口がクシュクシュしているルーズタイプ
  • ・履き込み口を折り返すようなタイプ
  • ・ボアや毛皮付きのブーツ(見えない部分や、上部に少しだけならアリかも)

シンプルなものが1つくらいなら、サイドベルト付きもブーツはありだと思います。  ブーツに金具がたくさんついている場合には、袴や着物の裾を傷つける不安もあるので、そのあたりも考慮してみてくださいね。

サイドゴアブーツは、デザイン次第かな。 サイドゴア部分はブーツと同色で、シュッとしたフォルムのものなら意外と合うかも。

ブーツ選びは、ヒール高さ・筒の長さといったブーツ自体が持つ雰囲気と、合わせる着物の格と色柄、着て行く場所 (卒業式の会場や参列者)といった、総合的な視点で考えましょう。

すでに、着ける袴が決まっている場合には、袴の丈を考慮することも大事です。 短い袴にショート丈のブーツを合わせてしまうと、 脚が見えてしまって格好よく見えませんから。


 

卒業袴に履くブーツの色。

ブーツのカラーは、やっぱり黒が1番合わせやすいし、きちんと見えるように思いますけど。

黒いブーツ

昨年(2017)ジュニア袴の撮影用にとワタシが買った茶色の編み上げブーツは、なかなか良いと思いました。

■茶色の編み上げブーツ
卒業袴の編み上げブーツ茶色

茶色ブーツ 卒業袴に
アウトレットシューズ outletshoes (aa1sb-A17184)

しつこいようですが、やっぱりトータルバランスなんですよね。

卒業式に履いた後は、普段使いのブーツとして愛用したいとおっしゃる方は、茶色やスエード調もありと思います。  ただし、着物&袴に合えば・・・・・・のお話ですけど。


 

袴に合うブーツ。ヒールの高さとヒールなし。

ワタシが購入したブーツのヒールは、黒・約5cm、茶色・約7.5cm、どちらもサイズは24.5cm目安です。

黒いブーツのヒール

卒業袴ブーツヒール7.5

正直、7.5cmヒールは小学生には高すぎるヒールのように思いましたが、袴姿としては合っていたと思います。

袴のヒールの高さ

編み上げブーツのデザインで言えば、ピンヒールよりは角ヒール。 高さは5cm~7.5cmくらいがバランス良いみたいですね!

袴に合うブーツ。ヒールなし。

ヒールのない、もしくはヒールの低いブーツでも、卒業式の袴に合うデザインのブーツはあります。

小学校卒業式のジュニア袴の流行りからか、キッズの着用を想定したブーツが多いようですが、 今時のお子さんはサイズも大きめなので、24cmくらいまではあるようです。

ペタンコタイプのブーツを履く場合には、着物の柄をドレッシーなものよりもキュートなものにすると、しっくりくるような気がします。  大正ロマン調のポップでレトロな雰囲気なら、ヒール有りでも無しでも、素敵に着こなせそうです。

卒業袴 ヒールなしブーツが似合いそうな着物
※撮影協力:ふりそでモードさん

↑ PAGE TOP

卒業式の袴。ブーツの筒の長さ

卒業式の袴に合わせるブーツの、筒丈(ブーツの長さ)についてです。

■丸昌さんの編み上げブーツは、22㎝くらいでした。
卒業袴の筒の長さ

黒いブーツは9穴ですが、茶色いブーツは6穴なので、筒長さも15㎝と短めです。 ヒールが高い分、あまり短くは見えないですけど。

卒業袴のブーツの筒長さ

ブーツの長さも特に決りはありませんけど、前述したように袴の丈が短いのなら、長めのブーツにするべきです。  長いと言っても「膝まであるようなロングブーツ」は、袴姿では歩きにくいと思いますし、着脱もしにくそうなので、避けた方が無難ですね。

アンクル丈のショートブーツやブーティーは、ケースバイケースですね。 脚が見えて格好悪く思えるようならやめましょう。 タイツや靴下を合わせて、 着こなす自信があるのでしたら、ワタシは構わないと思います。

卒業式はフォーマルなシーンだから、カジュアルに見えるコーディネートはよろしくない」というご意見もあろうかと思いますが、ここ数年の 『卒業式の袴ブーム』は、昔ながらの着物のしきたり(格や小物合わせ)が通じなくなっているような気がしています。

格・しきたりを重んじる校風の学校ですとか、高級ホテルの会場のように重々しい会場での式典でしたら、楚々としたお草履を履くのが良いかもです。

そうでなければ、見た目良ければ問題無いです。 ご心配なら、学校の先生や式典の関係者に聞いてみるといいですね。 

合皮の編み上げブーツは、ネットで探せば3000円台から素敵なものが手に入ります。 1回使って、メルカリやヤフオクに売るというのもありなので、 無理に手持ちのブーツを合わせるのではなく、新しく買うということも考えてみてください。

↑ PAGE TOP

卒業式袴ブーツの靴下・タイツ・ストッキング

卒業式のブーツの中に穿くのは何か?というお話です。

■ストッキングで袴の着付けをしているところ
ストッキングで卒業袴

特に考えるべきは、以下の4つです。

  • ・防寒(寒さ対策)
  • ・トイレでの上げ下ろし
  • ・袴の裾から見えた時の見た目
  • ・ブーツを脱いで室内に上がるかどうか?
  • ・ブーツのサイズ

ブーツに靴下

防寒(寒さ対策)

寒さ対策としては、タイツを穿くのがいいですね。 ヒートテックのスパッツに靴下とかでも良いと思います。

トイレでの上げ下ろし

トイレに行くことを考えたなら、上げ下ろしのしにくい「着圧タイプ」はやめた方がよいでしょうね。 あまりハイウエストのタイツやスパッツも、 帯や腰紐の位置にくるので、後々面倒なことになります。

タイツやスパッツを穿くのであれば、ローライズとまではいかなくても、折り返してゴロゴロしないような穿き込み口のものを穿いてください。

袴の裾から見えた時の見た目

ブーツと袴の間に見えた時の見た目については、素材と色がポイントですね。 柄入りやカラータイツは、ちょっと違和感があるように思いますし、素材も 網タイツやスポーツをする時に穿くような光沢のあるものは変な気がしますが、 黒いブーツに50デニールくらいの黒タイツなら、見えても割と感じ良いと思います。

無難なところでは、黒・白・ベージュあたりでしょうか。 「長め筒丈のブーツだったら、スネなんて見えないんじゃ?」と思われるかもしれないですけど、 階段の上り下りや、坂道など、傾斜のあるところでは案外脚って見えるんですよ。

ブーツを脱いで室内に上がるかどうか?

ブーツを脱いで室内に上がるかどうか? これも意外と大事ですね。 草履の人は足袋を履いていますけど。 ブーツの人は、靴を脱いだら、 足先がもろに見えてしまいますので、変な柄の靴下なんかを履いていたら、まわりにぎょっとされてしまうかもしれません。

ブーツの着脱を考えたなら、ストッキングが一番脱ぎ履きしやすいと思いますが、ストッキングだとまるで素足のように見えるので、 ちょっと寒々しいかもしれません。

和装用のタイツに、足袋ソックスを合わせるのもありですが。 足袋カバーや足袋インナーを履くというのもアリですね。

卒業袴ブーツのインナー


 

足袋カバーは、本来足袋の上に穿くものですが、こはぜの無い靴下のようなタイプもありますし、薄くてストレッチ性があるので履きやすいと思います。  ブーツを脱いだ時に「足袋っぽく見える」というのもいいですね。

足袋インナーは、足袋の中にはくヒートテックみたいな靴下です。 足袋ソックスよりも足首の丈が短めなので、和装ストッキングと組み合わせると良い気がしますが、 靴下は靴下なので、足袋の代わりにはならないですよ。

ブーツのサイズ

1番大事なのは、ブーツを快適に履けるかどうか?であると思います。 大きめサイズのブーツにストッキングで、靴ずれできても嫌ですし。  小さめサイズのブーツに分厚い靴下やタイツを合わせて、靴がキツイというのもつらいですから。

できることなら、ブーツは事前に履きならしておくことをお勧めします。

↑ PAGE TOP


 

スポンサーリンク


 

↑ PAGE TOP