着物と帯。着物と帯の種類と名称。知っておきたい着物と着付けの基本のき。|お祝いの着物

着物と着付けの基本のき。和服を着る(着せてもらう)時に知っておきたいこと。

普段着物なんて着ないから「どんな時にどんな着物・帯を使うのか?なんてわかんない!」という方へ。 着物・帯の種類と格のお話も。

着物と着付けの基本のき。もくじ

帯の種類と格

帯の種類と格

フォーマルやセミフォーマルで使える帯とは?丸帯・袋帯・九寸名古屋帯・綴れ帯など。帯の種類と格について。

着物の種類と格。

着物の種類と格

フォーマル、セミフォーマルの着物とは?留袖・色留袖・訪問着・付下げ・色無地紋付・江戸小紋など。着物の種類と格について。

袷と単衣

袷(あわせ)と単衣(ひとえ)

袷(あわせ)の着物と単衣(ひとえ)の着物について。季節による着物の違い。

着物の紋

着物の紋

着物の紋と格。紋の入れ方。紋入りの着物について。

祝儀扇と扇子

祝儀扇(しゅううぎせん)と扇子

フォーマル着物の祝儀扇。末広(すえひろ=扇子)の使い方・扇子の種類について。

着物着付けに必要なもの

着物着付けに必要なもの

着物の着付を自分でする場合に用意するもの。(お願いする場合は、先方の着付師さんに従ってください。)

着付小物

和装小物の名称と解説

着物の着付に使う和装小物。小物の名称とどう使うか?についてを解説。

長襦袢

着物に合わせる長襦袢

長襦袢(ながじゅばん)とは? 長襦袢の種類と使い分け。 着物と襦袢のサイズチェック。

肌襦袢

和服の下着・補整

着物の中に着るインナーウエアと補整について。肌襦袢や裾除け、腰パッドなど。

↑ PAGE TOP

着物と着付け「基本のき」について

「普段、着物なんて着ない」とおっしゃる方にも、七五三・成人式・卒業式・入学式といったお祝い着物は、ぜひ着ていただきたいと思っています。

でも、いざ着物の着付けをお願いしようとした際に、必要な和装小物をリストに書いて渡されたって、 何のことやらちんぷんかんぷんで、「何をどう準備すればいいのか?全くわからない。」というお声をいただきました。

なるほど確かに。 着物に興味の無い方でしたら、「伊達締めは博多ですか?マジックテープですか?」とか、 「三重紐・四十紐はお持ちですか?」「コーリンベルトは使いますか?」なんて尋ねられたって、「は?なんのこっちゃ???」となるのは、仕方がないと思います。  お洋服での生活でしたら、全く必要のないものなのですから。

そこで、着物の着付けをお願いする際や、「自分で着物を着てみよう!」と思った時に、 知っておいていただくと良いと思うことをまとめてみようと思いました。 「着付をして!」と頼まれた時に、気を付けたいことも書いておこうと思います。

ここで言う「着付けを頼まれた場合」というのは、プロの着付師さん向けのお話ではありません。 プロではないけど、着付けができる (お教室で習っている方・習った経験のある)という方向けです。

「着付けができるの?じゃあ、お願い♪」なんて言われることって、結構あると思うのです。 でも、相手の方があまり和服についてご存じないような場合には、 時々ぎょっとするようなアクシデントがあるものなので、心構えがあると良いのでは?と思いました。

ということで。 お祝いで着物を着たいと思ったものの、どうしていいかわからないという方や、着付けを頼まれちゃったけど気を付けることってあるかしら?とおっしゃる方に。  何かしらのお役に立てたら嬉しいです。

↑ PAGE TOP

スポンサーリンク


 

↑ PAGE TOP