お正月に七五三の晴れ着を使う

【お正月に七五三の晴れ着】初詣やお年始まわりに七五三の着物を着る場合。

お正月に着る「七五三の晴着」についてです。七五三のお宮参りに着た着物を、お子さんがお正月に着る場合。

七五三の着物はお正月に使える?

七五三祝いに着た祝い着は、お正月やおよばれ(親戚の結婚披露宴など)に着て構いません。晴れ着を誂えたり、お祝いに頂いたり等して、お持ちでしたらば、ぜひご活用いただきたいと思います。

■三歳の七五三の衣装をお正月に
七五三の晴れ着をお正月に
お正月に晴れ着

上の写真は、3歳の七五三詣りに着た着物をお正月に着ている例です(ワタシです♪)。 撮影場所は、明治神宮(七五三)と当時の自宅の縁側です。

七五三のお詣りには、美容院で髪を結って着付けをしてもらったそうですが。 お正月は、母が見よう見まねで着せたのだとか。 3歳ですが、被布ではなくて、作り帯に帯締め帯揚げを使って着ています。

七五三の着物を正月に着せる場合の注意点

七五三の着物をお正月にお子さんに着せる場合、いくつか注意点や七五三との相違点がありますので、ご参考と していただけましたら幸いです。

サイズを合わせる

肩上げ・腰上げなどのサイズ直しをする必要があります。

11月の七五三宮参りで着た衣装を、翌年のお正月に着るのであれば、サイズはそのままで使えるだろうと思いますが。 

翌年、翌々年に着るなど、七五三から歳月が経っている場合には、事前にサイズの確認をしてください。 多分、相当ツンツルテンになっていると思われます。

儀礼的な小物は省いても良い

女児の七五三衣装(帯付きで着る場合)には、筥迫・しごき・末広といった小物を使いますが。 お正月で晴れ着を着る際は、これらの小物は省いても良いと思います。  ちょっと、七五三祝いの儀礼的な印象が強いように思いますので、個人的には無くて良いかと。

七五三晴着の小物

8歳9歳くらいで7歳用の七五三衣装をまるっと一式揃いで使ってしまうと、「あれ?今頃七五三???」と思われちゃうかも。

筥迫もしごきも末広も、十三参りや成人式、花嫁さんが使ったりもするものなので、使っていけないということではありませんケド。 

■7歳の衣装を、数年後のお正月で着た例。
お正月の晴れ着7歳七五三衣装
お正月晴着9歳

※上:近所のお友達と羽根つき。下:家族で初詣。小学校5年生くらい。

↑ PAGE TOP

以下、執筆中です。 お待ちください。

お正月の着物TOPへ戻る


 


 

<<その他TOPへ戻る

↑ PAGE TOP