伊達締めと伊達巻きについて。着物の着付けに必要な和装小物

伊達締め(だてじめ)と伊達巻き(だてまき)について。着物の着付けに使う和装小物。

着物の着付「準備リスト」に必ず書かれている「伊達締め」ってどんなもの?
伊達巻きとの違いは?というお話です。 


 


 

伊達締め・伊達巻きってどんなもの?

伊達締め(だてじめ)は、着物の着付けで長襦袢や着物の上に締めて使う幅広い紐のようなものです。 マジックテープのベルトのようなものもあります。

衿合わせをおさえたり・おはしょりをおさえたりして、着物が着崩れないようにするためのもので、着物の種類や着付けの具合によって使い分けるのが理想的です。

表に見える(人に見せる)ものではありませんので、とりあえず「伊達締めならなんでもOK」ではあるのですケド。 人にによって「使いやすいタイプ」が違うこともありますので、 一概に「これがオススメ」とも言えません。

長ささえ足りていれば使えますので、お手持ちの伊達締めがあるのでしたら、買い直す必要はないと思います。

↑ PAGE TOP

伊達締めの種類

伊達締めにはいろいろなタイプがあります。 ほんの一部ではありますが、ワタシが持っている伊達締めから、いくつかご紹介いたします。

■博多織の伊達締め
博多織り伊達締め

アイロンをかけていないので、端がくしゃくしゃのままですみません。 写真のような献上柄の他、花柄や縞を織り出したものもあります。  しなやかでかさばらず、すべらないので、ワタシは博多織の伊達締めが一番好きです。 どんな着物にも使いやすいです。

■マジックテープの伊達締め
マジックテープの伊達締め

成人式の振袖セットに入っている伊達締めは、写真のピンク色タイプが多いですね。 着物用と長襦袢用の2本セットになっていて、襦袢用はもう少し 細い伊達締めが入っているのが一般的かと思います。 サイズの合った振袖や附下着物でしたら、マジックテープの2本組みでも問題ないと思いますが、 着物が大きい・着物が重い(質感がある)・伊達衿をたくさん入れる・・・・・・など、着物をしっかりおさえる必要がある場合には、伊達締めの一本を 博多織伊達締めのような「紐で締めるタイプ」にしておくと、着付けがしやすいように思います。

■夏物の伊達締め
夏物伊達締め

メッシュや絽など、通気性のある夏物の伊達締めもあります。 あえて夏物を使う必要はありませんが、暑がりな方にはおすすめです。

白いメッシュのマジックテープ伊達締めは、浴衣用のセットに入っていたものです。 浴衣の他、2部式長襦袢のような「ちょっとおさえるだけでOK」 という場合に重宝します。

■芯の入った伊達締め
芯入り伊達締め

写真は化繊タイプですが、正絹を使ったタイプやウール(モスリン)のタイプもあります。 芯が入っていますので、半幅帯等で帯板を入れたくないような時に便利です。  お子さんの兵児帯を締める時にも、前がピシっと決まるのでおすすめですよ。

正絹のフォーマル着物で使う場合は、逆に芯がゴロゴロして邪魔になったり、厚みがでてしまったりする場合もありますので、ケースバイケースでお使いください。  化繊タイプは若干すべりますし、紐先にボリュームがでてしまいますので、フォーマル着物には正絹タイプの方がオススメです。

■その他の伊達締め

その他、ワタシは持っていないのですが、シャーリングでゴムの入ったタイプや、コーリンベルトを兼ねているタイプ(クリップ付)の伊達締めもあります。

↑ PAGE TOP

伊達巻きと伊達締めの違い

まずは、伊達巻きの写真をご覧ください。

伊達巻き

伊達巻きは、花嫁さんや舞妓さんの「引き袖」で、長襦袢や掛下の着物の着付けに 使います。

伊達締めは紐の一種ですが、伊達巻きは「幅の狭い単帯」という位置づけになるそうです。 とは言っても、 伊達巻きを着物の表に出して見せるということはいたしません。 用途としては伊達締めと同じように、胸元や腰紐のあたりを整える・着くずれ防止のために使うものです。

端に小紐を付けずに、巻いた部分に挟み込んで始末するタイプもあるようですが、紐が付いていた方が使いやすいと思います。

伊達巻きは紐と言うより単帯・・・・・・というだけあって、伊達締めよりもしっかりとした質感があり、長さもかなり長めになります。

伊達締め

伊達締めが2周目で結ぶの対して、伊達巻きは3周巻いてから端の紐を結ぶという感じでした。  

花嫁さんや舞妓さんが使うと書きましたが、特に決まっている訳ではありません。 長さがあるので、しっかりと着付けたい時やぽっちゃりさんの着付けなどにも向いていると 思います。

↑ PAGE TOP


 


 

伊達締めの使い方

伊達締めの使い方で「こうでなくっちゃいけない」という決まりはないので、使いやすいようにお使いいただいて構いません。

長襦袢に使う

長襦袢に使う場合、基本的にはアンダーバストに締めた胸紐のあたりをおさえるために使います。

長襦袢伊達締め

自分で着る場合には、マジックベルトを後ろから前へ回して前で留めても構いませんが、博多織であれマジックベルトであれ、 伊達締めの長さの真ん中を体の中心に置いて、後ろで交差し、前でからげて留めるのが普通です。

伊達締めの締め方・結び方自体は、着物でも襦袢でもそう変わりません。

下の写真は浴衣ですケド。 袷の着物での伊達締めの使い方と基本的には同じです。 

伊達締め 使い方
※浴衣のように薄い・すべらない着物は、マジックベルトタイプの伊達締めでも可。

なるべく、結び目がゴロゴロしないようにしてください。 紐先は、伊達締めと着物の間に入れ込んで始末しても良いです。

フォーマル着物の長襦袢の場合には「襟元をしっかりおさえる!」というのが大事なので、胸紐は最初、高めに締めていただいて。

胸紐

襦袢の下前を引き上げながら、腰紐をしめて。。。

腰紐

伊達締めをしめたら、胸紐ははずしちゃっても(下におろしておいても)大丈夫です。 胸の上に紐があると苦しいので、 伊達締めで襟元を固定したら、紐は外すか、緩めてしまってください。

伊達締めを締める前には、袖付けを前後合わせて。 背中のたるみを脇に寄せて、タックを取っておくとキレイに仕上がります。

伊達締めの前に


 

着物に使う

写真が浴衣で恐縮ですが、フォーマルな袷の着物も理屈は同じなので、振袖や付下げも同様にして伊達締めを使います。

胸紐をかけて襟元を押さえた際に、おはしょりが長い・斜めになるという場合には、おはしょりの長さを上げておさえるということをします。

おはしょりを上げる
おはしょりを上げる2

おはしょりを持ち上げるとタルミが出るので、左手側はタックを取り・右手側はおはしょりの中で仕舞い込んで、スッキリさせてから 伊達締めを締めてくださいね。 袖付け部分を前後合わせるのは、長襦袢の時と同じです。

おはしょりのタルミ

下の写真は、伊達締めを伊達巻きのように使って巻いた場合の例ですが。 伊達巻にしろ伊達締めにしろ、胸の上部から体に沿わせるようにして、 下におろすように当てて締める!というのが、基本です。

伊達締めの当て方

おはしょりを上げる場合、まず仮紐でおはしょりをおさえておいて、その上から伊達締めを締めるのでも構いません。

着物の着丈が長い場合、おはしょりがとても長くなってしまうことがありますが、帯から出たりしなければ、伊達締め上部に 上げたおはしょりが顔を出してしまっても構いません。

おはしょりが上から出る。

胸紐をしっかりと締めておいて、おはしょりには仮紐かけずに、伊達締めを下方向から当てるように締めるという使い方もありますが、 アンダーバストに紐がキツク入るよりは、おはしょりで紐をかけて伊達締めで襟元をおさえる方が、着ていて楽だと思います。

↑ PAGE TOP


 


 

伊達巻きの使い方

花嫁さんの着付けでは、下の写真くらい胸高に伊達巻きを巻いたりするようですが、普通のフォーマル着物でこの必要はありません。  丸印のあたりは帯の上に出ますので、着物にひびかない用にもっと下げて締めてください。

伊達巻き

ワタシは上から下へ3周巻いていますけど。 花嫁さんの帯下の場合には、上→下→真ん中となるように巻くそうです。

↑ PAGE TOP

伊達締め&伊達巻きの手入れと収納

伊達締め&伊達巻きの手入れと収納についてです。

お手入れ

着物を脱いで使い終わった伊達締めは、一晩くらいハンガーにでもつるしてください。 汗をかいて湿気っていますので、そのまま仕舞うのは良くないです。

腰紐吊るす

基本的には、長襦袢や着物の上に使うものなので、そう頻繁に洗う必要はありません。

でも思った以上に汗をかいて、時には汗でびしょびしょになることもありますし。 長く使っていると、手垢でくすんでもきちゃいますので、 時々はクリーニングに出すか、自宅で手洗いをしていただくのが良いです。

博多織の伊達締めは正絹なので、自宅でのお手入れは心配かと思いますが、着物雑誌七緒(vol.49)では「オブリージュ」という高級洗剤で 洗うと良いと書かれていました。 ワタシは、ランジェリー用の洗剤を使用して洗っています。

■「七緒」紹介オブリージュ

■ワタシが使っているランジェリー用の洗剤はこちら
ブラデリス ランジェリーソープ

伊達締めの収納

伊達締めの収納に特に決まりはありませんが、くるくると丸めておくか、たたんで仕舞っておくとおっしゃる方が多いのではないでしょうか?

頻繁に着物を着られる方は、着付け道具を一式まとめて、カゴや箱に入れておくというのがオススメですが、成人式や七五三などの お祝いで着た後、もう当分着る予定はないという場合には、湿気の少ない箪笥や収納ボックスに仕舞います。

伊達締めが虫にやられたという話は聞いたことがないので、防虫剤は特にいらないかとは思いますが、ご心配であれば呉服用のものを入れてください。

モスリン(ウール)素材のものは虫を呼びやすいので、着物と同じ引き出しにしまうのはNGです。 着付小物は着付け小物で、着物や襦袢とは 分けて収納されるのが良いと思います。 チャック付の洗濯ネットやジップロックのようなビニール袋に入れても、着付け小物であれば問題ないと思います。

ただし、汗がついたものは保存過程で黄ばみますし、シミが出たり、保管場所によってはカビがついたりしますので、時々は風に当てて たたみ直し等をされることをおすすめします。

「七緒」vol.49は『イマドキ収納実例集』がメインテーマです。 普段着キモノの雑誌ですが、ご参考までにどうぞ。

↑ PAGE TOP


 


 

伊達締め&伊達巻きの購入

伊達締めを買える場所は、以下の通りです。

  • ・呉服屋さん、着物レンタル店
  • ・amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどの通販サイト。
  • ・メルカリ、ラクマなどのフリマアプリ
  • ・骨董市やリサイクルの着物屋さん

わざわざ購入しなくても、箪笥の奥にうなるほど仕舞っていらっしゃる方も多いので、お友達やご親せきにお借りしたり・譲っていただくのも良いと思います。

浴衣セットに入っていたものでも使えます。

ご結婚式用の伊達巻きは、式場の衣装室・美容院で販売されているものがオススメですが、「買ってきてください」と言われた場合には、楽天市場などで お安いものが出ていますので、「花嫁伊達巻き」と探してください。 (長さがいろいろあるので、良い長さを式場にお尋ねください。)

↑ PAGE TOP

スポンサーリンク


 

↑ PAGE TOP