振袖について。成人式の中振り袖・婚礼用の大振り袖と引き振袖、小振り袖など。

成人式に着る振袖や花嫁さんの大振り袖について、その違いは?

一般的に「振袖」と呼ばれる着物は、中振り袖になります。
 成人式やご結納、披露宴のお呼ばれ等に着る「ミスの第一礼装の着物」です。

その他には、大振り袖(本振り袖)・小振り袖といった袖の長い着物があります。

振袖の着物についてを、簡単にご紹介させていただきます。

中振袖の着物

 

 

大振り袖(本振り袖・引き振り袖)

花嫁衣装としての本振り袖(引き袖)

◆花嫁さんが着る本振り袖

※画像:着物ネットレンタルkimonoshop

花嫁さんの着物というと、まずは白無垢や色打掛といった「打掛」姿が浮かぶ気がしますが、引き振り袖にして本振り袖を着るのも素敵ですね。  引き袖とは、上の写真のように着物の裾を「お引きずり」にして着ることを言います。

「本振り袖は、おはしょりを取らずに、裾を引きずって着ないといけないのか?」という疑問が出てきますが、そんな決まりはありません。  ご婚礼のスタイルや会場によって、引き振袖にしてもしなくても構わないそうです。

本振り袖は「花嫁さん限定の着物なのか?」というと、そういうことでも無いようでして。 引き袖にしないで、帯締めや帯揚げを中振り袖用のものに変えれば、 成人式にも使える着物であるそうです。

 

◆花嫁さんの本振り袖に使う小物類:【筥迫・懐剣・抱え帯・末広・帯締】

※画像:かんざし 小間物 おはりばこ

↑ PAGE TOP

振袖として着る本振り袖。中振袖との違い。

結婚披露宴のゲストとして本振袖の着物をきる場合には、花嫁さんの正式衣裳とされる黒振り袖はやめましょう。 花嫁さんと肩を並べることになりますから。

五つ紋付黒振り袖は、絶対にダメです。 黒でなくても、豪華な本振り袖は難しいかもしれませんね。 披露宴の会場にもよりますが、花嫁さんより目立たないようにしてください。

通常、本振り袖の着物の裾には「ふき綿」と呼ばれる綿が入っているので、少しふっくらしています。
昔は「重ね着」を着るのが正式だったという名残から、比翼仕立てになっているという点も中振袖とは違うところです。 

花嫁衣装に使われる本振り袖には色や柄も豪華で重厚な着物が多いので、中振り袖に比べるとずっしりと重たいですから着にくい着物と感じるかもしれません。

ただ最近では、日本髪にはせずにカジュアルな洋髪を選ばれる花嫁さんも多いので、本振り袖のデザインも重厚的な古典柄のものとはちょっと違ってきていて、 少し軽めな趣のものがあるようです。 ふき綿のないものもあるようですし。

お誂えで本振り袖を仕立てる方はほとんどいらっしゃらないと思いますので、本振り袖を着るのであれば、レンタルの着物になるかと思います。

本振袖の着物を借りる場合には、 お店の方に使用シーンをよく説明をして、色柄小物を選んでくださいね。 (成人式や謝恩会等)

↑ PAGE TOP

本振り袖に合わせる帯

本振り袖に合わせる正式な帯は丸帯ですが、成人式で着る場合には中振り袖用の袋帯でも大丈夫です。
帯も帯結びも、本振り袖に合うものを選んでください。 レンタルであれば、着物と帯は合ったものをセットしていただけるはずです。

本振り袖は、普通の振袖(中振り袖)とはちょっと勝手が違いますので。  お着付けやヘアメイクも本振り袖の知識のある方・慣れた方にお願いするのが良いと思います。

↑ PAGE TOP

【本振り袖】黒振り袖と白・色付きの色振り袖

本来の本振り袖は黒地の五つ紋付で、明治時代には「黒振り袖」が正式な花嫁衣裳とされていました。

明治以前は「お色直しの衣裳」であったそうですが、打掛を省略して黒留袖を正式としたので、本格的な花嫁衣装として一世を風靡したのだとか。

黒振り袖の他には白や色振り袖があり、現在では「本振袖=ミスの第一礼装」とされています。
でも、現実的に「本振り袖」を花嫁衣裳以外で着る機会は少ないので、最近では成人式等で着る中振り袖までを「ミスの第一礼装」とすることが多いだろうと思います。

↑ PAGE TOP

本振り袖の引返し

本振り袖は、裾廻しが「引き返し」という仕立てにするのが正式だそうです。

引き返しとは、表地と裾廻し(八掛)が同じ生地で、模様がある場合には表地と関係のある模様が描かれているとのこと。
「引き返しと訪問着の共八掛、何が違うのかな?」と調べてみて、引き返しは「コートや羽織の仕立てで使われる」と書かれているのを見て、なるほどと思いました。

反物の身頃の生地にそのまま八掛部分が繋がっているので、仕立てる際に裾で切り離すことをせずに、 そのまま裏に「引き返して仕立てる」から引返しって言うんですね。 八掛の分も生地が必要なので、贅沢な着物です。

つまりは、共八掛=引き返し八掛であるようです。 引き返し八掛は、留袖・振り袖・訪問着・喪服の着物で使われますが、 婚礼衣装以外で使う本振り袖の場合は、引き返しにしないで普通の八掛を付けることもあるそうです。

引き振袖にするのであれば、引き返しでないと見てくれが悪いと思います。

↑ PAGE TOP

本振り袖の重ね着

最近の本振り袖は、重ね着を比翼仕立てにして省いているものが一般的です。

留袖や色留袖も同様ですが、昔は「下襲(したがさね) 」と言って、着物の下に薄い下着を重ねる「重ね着」をしました。

「下襲(したがさね) 」は、礼装の着物の下に着る下着のことで、これを本襲(ほんがさね)と呼ぶそうです。
 白羽二重や白綸子で、着物と同じカタチに作って、2枚重ねて長襦袢の上に着ます。

ですが、2枚着るのはお金もかかるし大変だし・・・・・・ということで、今はほとんどが「比翼仕立て」というナンチャッテ下襲になっている訳ですね。
 裾・袖・衿・振りに「比翼」という白生地がつけられて、まるで2枚重ねて着ているよう見えます。

◆参考:黒留袖の比翼(衿)
黒留袖 衿の比翼

正式には白ですが、色振り袖の場合には「色もの」の比翼で仕立てることも多いそうです。 

↑ PAGE TOP

振り袖の袖の長さ

本振り袖・中振り袖・小振り袖といった「振袖」と呼ぶ着物の袖丈については、書籍やサイトによって書いてあることがちょっとまちまちであるのですが、 以下手持ちの書籍から抜き書きしました。 ご参考までに。

【振り袖の袖の長さについてを書籍より】

  • ■ハクビ京都きもの学院「きもの教本」より  
    • 本振り袖-袖丈3尺(114センチ)
    • 中振り袖-袖丈二尺五寸(95センチ) 
    •  
      
  • ■世界文化社「ひと目でわかるきもの用語の基本」より  
    • 大振り袖-婚礼衣装用(125センチ)
    • 大振り袖-お色直し・成人式・謝恩会など(114センチ)
    • 中振り袖-(87~106センチ)
    • 小振り袖(76~86センチ)
    •  
       
  • ■東京着物着付文化協会・専攻科テキストより  
    • 振袖-五つ紋付の黒地で袖丈114cm。
      手を下げて足のくるぶしくらいまでの袖丈の着物。
    •  

※小振袖は、80センチ前後とか85センチ~95センチ等と書かれているサイトさんもありました。 76センチほどの2尺袖も、小振袖と解釈されているようです。

 

最近のお嬢さんは身長が高いので、大振り袖と中振り袖の袖丈の長さの目安が曖昧になってきているそうです。 
背の高いお嬢さんは、大振り袖サイズの袖丈にしないと、バランス的に振袖に見えないということだと思います。

ですので、袖丈が何センチかというよりは、八掛が引き返し・比翼が付いている・ふき綿入り(入れない本振り袖もあるようですが)・色や柄といったことで判断し、 本振り袖とする方がわかりやすいですね。

 

↑ PAGE TOP

中振り袖

中振り袖について
中振り袖

 

中振り袖は、成人式・卒業式・謝恩会・披露宴・お茶会(初釜)・各種パーティで使える未婚女性の礼装用の着物です。

一般的には「未婚女性が着る着物」とされていますが、成人式前にご結婚された若いママや、ご結婚されたけれども“お母さん”にはなっていない若い女性等、 「せっかくだから」と振袖を着られる方はいらっしゃいます。

舞台やステージなどでは、年齢に関係なく、振袖を「衣裳」としてご利用になることもあるようです。

和装のマナーを重んじられる方には「結婚してるのになんで?」「いい歳なのに振袖?」と言われてしまうかもしれませんけど、ワタシは「ケースバイケースでイイん じゃないかな?と思っています。

ただし、「礼装」として格を重んじる場面では、既婚・年配の女性は振袖を着ない方が無難です。   ドレス感覚の衣裳として「盛装」でのご利用であれば、色や柄にもよりますけれど、素敵に着ていただける気がします。

↑ PAGE TOP

中振り袖の袖丈(サイズ)と裾廻し

本振り袖の件に書きましたように、本振り袖よりも中振袖の方が袖は短くなります。

着る人の身長によって袖丈を決めて作りますが、最近の「振袖セミオーダー」では、洋服のS/M/Lサイズのような感じで 身長によって大体のサイズが決まっていて、その規定サイズの中から一番自分に合ったサイズで誂えるというシステムが多いようです。

裾廻しは、ぼかしや無地の別布の八掛を付けることが多く、セミオーダーの振袖の場合は、仮縫いされた状態で既に裾廻しも付いていることが多いと思います。

↑ PAGE TOP

中振り袖の柄(模様)と袖丈を詰める場合

◆中振り袖の絵羽模様
振袖の絵羽模様

振袖と言えば、豪華な絵羽模様(縫い目をまたいで柄付けされている)になっていて、1枚の絵のような模様となっているものが多いですね。

現在は、色無地・小紋・付下げ着物程度に柄付けされたものなど、いろいろなデザインの振袖が出ています。 
テイスト的にも、昔ながらの吉祥模様のような古典的なものから、現代的な洒落たデザインのものまで多種多様ですね。

有職模様・吉祥模様といった古典柄は、格式高い柄になります。

モダンでも古典でも、どちらもミスの第一礼装には違いないので、成人式やパーティー・初詣などにはモダン柄で全く問題ありませんが、 お茶会や何かの式典など正装として参列するような場合には、古典柄の振袖の方が向いています。

振り袖を購入される場合には、成人式後の利用シーンも想定して選ばれることをオススメします。

後々「振袖の袖丈を詰めて長く着たい」とお考えの場合は、振袖の柄も「袖を切っても柄が中途半端にならないもの」を選んでください。

以前、着付けを担当させていただいたお客様で、細かい小紋柄の反物を使って振袖を誂えていらしたお嬢様がいらっしゃいました。 
通常の袖丈の反物であったため、振袖にするために2反買って、長着(着物)の残りでコートをお作りになられたそうです。 成人式後は、卒業袴にも合わせていらして、とても素敵だと思いました。

無地や小紋は、絵羽模様の振袖に比べて見ると地味に見えるかもしれないですが、成人式の会場ではかえって目をひくかもしれませんよ♪

↑ PAGE TOP

中振り袖の伊達衿と半衿

現代では、中振り袖を重ね着にしたり、比翼をつけて着ることはほとんどしません。 大抵は「伊達衿」という比翼の変わりに見えるような衿を入れます。

中振り袖の伊達衿
中振り袖の伊達えり

中振り袖の伊達衿は、1枚だけでなく、少しずらして2枚3枚入れることもあります。

複数枚重ねることで胸元(衿元)が分厚くなってしまうので、1枚で2色出るように作られているタイプもあります。

色は、金・銀・赤といった定番色の他、ピンク・水色・緑色などの色ものや色伊達衿に金砂子やラメを入れたものもあります。 着物のカラーに合わせて選んでください。

リバーシブルタイプの伊達衿なら、着物や小物合わせによって色を変えて楽しむこともできます。 
伊達衿は、振袖だけでなく、訪問着や色無地・付下げにも使うことができますが、伊達衿を入れると華やかになり格がちょっと上がりますので、 入れない方が良い場合もあります。 あまり仰々しくしたくない場合や、スッキリ見せたい場合には入れません。

振袖の場合は、大抵伊達衿を入れて着ると思います。 伊達衿は、「重ね衿」と呼ぶこともあります。

中振り袖の半衿の例
中振り袖の半えり

中振り袖に合わせる半衿も、刺繍入り・カラー半衿・レースやスワロフスキーの付いたものまで、いろいろあります。 上の写真は、色半衿に刺繍の入ったタイプです。 
もちろん、装飾のない白の塩瀬羽二重の半衿ですっきりと着ていただいても構いません。

白・金銀糸の吉祥柄の刺繍半衿は、留袖や色留袖用とされていますが、振袖用でも使えるタイプもありますので、お店の方にお尋ねになってみてください。  古典の着物には古典的な半衿を、モダンな着物にはモダンな半衿を合わせます。 豪華さ(格)も着物と合わせてください。

使用して衿垢等で汚れてしまった半衿は、長襦袢から外してお手入れすることが可能ですが、豪華な刺繍半衿をお家で洗うと、 布地がつまって台無しになってしまうことがありますので、プロに任せた方が無難です。 クリーニング屋さんで大丈夫と思います。 

↑ PAGE TOP

中振り袖に締める帯

中振り袖 帯の例(袋帯)
中振り袖の半えり

中振り袖に締める帯は、丸帯か袋帯になります。

丸帯は重くて締めづらいものが多いですし、最近は中振り袖向けには作られていないので、大抵は「袋帯」を締めます。

袋帯にもいろいろあって、古典的で重厚なタイプから、モダンで今風なものまでデザインも豊富になりますし、 帯の長さ・硬さ(中の芯で厚さも変わります)といった「質感」もかなり変わってきます。

基本的に、昔の袋帯の方が、厚くて・硬くて・短いものが多いような気がしますが、その分刺繍も豪華で素敵なものも多いです。
着物に合わせて帯も選ぶわけですが、帯の質感と長さによっては、今風の変わり結び(羽のたくさんある結び方)はできませんので注意が必要です。

着物によっては、シンプルな従来の結び方(福良雀や縦矢・文庫結びなど)の方が各があって似合うこともあるので、 帯を選ばれる際には、帯結びもイメージしておくと良いと思います。

一般的に、袋帯は柄仕舞いのある「六通柄」が多いので、無地場が目立たないように結んでいただく必要があります。

↑ PAGE TOP

小振り袖・二尺袖

小振り袖は、袖の長さが76センチから86センチくらいの着物です。

小振袖を成人式や披露宴で「礼装」として着ることはなくて、ちょっとしたパーティやお出かけ、お茶会、卒業式のようなシーンで着る着物です。
礼装ではないので、既婚者でも着て良い振袖だそうですが、お出かけに年配者が着るのはちょっと違和感を感じる気がします。  やはり「長い袖」は、若い人向けという印象が強いからです。

格を問わないパーティーでしたら、小振り袖でも構わないかと思いますけど、小振袖は可愛らしい柄や模様で作ることが多いので、 嫁入り前に誂えて箪笥の肥やしにしていまった場合を除けば、あまり着る機会はなさそうです。

小振袖は「可愛らしい柄や模様で作ることが多い」と書きましたが、それは十三参りのお着物としてとても適しているからです。
絵羽模様の着尺でしたら、そでも中振り袖に誂えるのが良いそうですが、友禅着尺(型染の小紋柄)であれば、小振り袖が似合います。
十三参りで小振り袖を着る場合には、肩上げを取り、大人用の袋帯を代わり結びに締めてください。(肩上げは取れない場合は無くても良いそうです)

小振り袖は十三参りの他、卒業袴の着物として定着している感がありますね。  二尺袖と呼ばれる袖丈76cm程度の小振袖は、卒業式の袴に合わせる着物としてレンタル店やセット販売で人気があります。

↑ PAGE TOP

卒業袴の小振り袖・二尺袖

卒業袴用の小振り袖 
小振袖

卒業袴用の二尺袖(小振り袖)は、小紋柄もあれば付下げ風の柄になっているものもあり、その年によって流行というものがあるようです。  もちろん、古典的な友禅小紋も袴にとても合いますけれど。

 

袴用の二尺袖の着物は、袴を着けることを前提にしている着物なので、はじめから着丈が短く作られていて、 おはしょりを取らずに着付けることができるようになっているものが多いです。
そのため、レンタルや袴とのセット販売で多く見られる「卒業袴用の小振袖」は、普通の長着(着物)としては使えません。

そうした二尺袖の着物は、素材も化繊(ポリエステル)の着物が多くなっているようです。

↑ PAGE TOP


 

↑ PAGE TOP