十三参り男の子の着物。十三参りに着る紋付羽織の肩上げ。

十三参りの男の子。着物と肩揚げについて。

男児が十三参り(じゅうさんまいり)に着る着物と肩上げ。卒業式に着る着物と十三参りの着物について。


 


 

十三参りの男の子の羽織はかま

最近では、小学校の卒業式に男児も和服を着るのが流行っている影響からか? 十三参りの晴れ着も、和服を着る男の子が増えているらしいです。

男子の正礼装は『黒羽二重の五つ紋付に縞袴』ですので、「和服は着たいけどあまり派手にはしたくない。」という方におすすめです。

黒紋付

色紋付を選ぶ場合は、卒業式ならシックで知的な印象のものが良いと思いますけど。

卒業式男の子の着物

女子同様に十三参りの着物に特に決りはありませんので、色柄に凝ったタイプでも構いません。

■十歳祝い(ととせ祝い・二分の一成人式)の晴れ着ですが、十三参りでも♪
ととせ祝い
十歳祝いの羽織袴

七五三の祝着のような、絵羽羽織に西陣織の袴を合わせた衣装では気恥ずかしいという場合には。

■5歳の晴れ着・絵羽羽織に西陣織袴の例
5歳晴れ着の例

少し渋めの羽織袴というのも大人っぽくて素敵ですね。

■大人っぽい羽織はかまの装い。
十三参り男の子の着物


 


 


 

↑ PAGE TOP

十三参りの羽織・着物の肩上げ

女の子の十三参りは「初めて本裁ちの着物を、肩上げをして着る」というのが一般的ですが、男の子の場合はどうなのでしょう?

現代では男女を問わず「体格が良くなっているため、肩上げをしない場合もある」ということなので、お子さんと着物(羽織)のサイズ感で決めて良いと思います。

肩上げをする場合の「肩上げの仕方(縫い方)」は、「ジュニア男子用紋付の肩上げ」に掲載しましたので、こちらでどうぞ。

ジュニア男子紋付肩上げ

男の子が着る羽織・着物の肩上げやり方。

小学校卒業式や十三参りで、男の子が着る羽織・着物の肩上げのやりかた。肩上げ方法。

十三参りとジュニア卒業袴TOPへ


 


 

↑ PAGE TOP