訪問着の着物について。訪問着の紋と格。着るシーンや帯合わせなど。

訪問着とは?

訪問着は、未婚・既婚を問わずに着ることのできる格の高い着物です。
絵羽模様に柄付けをした着物で、古典からモダンなもの・趣味的なものまでいろいろなタイプがあります。

◆訪問着の着物の例
訪問着の例1
訪問着の例2

反物の状態で柄付けをした「付下げ」の着物と区別が難しいですが、 付下げよりも格式があり・豪華な着物であることが多く、共八掛(ともはっかけ)が使われているのが訪問着です。

付下げについてのページもご覧ください。

付下げの着物の例

付け下げの着物

付下げ・付け下げ・附下、どれも「つけさげ」と読みます。着物の柄が上向きになる模様付けがされているものを「付下げ」と言いますが、 中でも衿や衽で模様がつながっているものを『付下げ訪問着』と呼ぶそうです。 仮絵羽で柄付けする訪問着に対して、反物のままで柄を入れたものが付下げです。


 


 

訪問着とは

「訪問着(ほうもんぎ)」は、「絵羽模様」に柄付けされた準礼装(略礼装)の着物です。

訪問着の絵羽模様
訪問着の絵羽模様例2
訪問着の絵羽模様例1


 

絵羽模様とは、一枚の絵のように縫い目をまたいで描かれている模様のことで、白生地を着物の状態に仮仕立てをしておいて、模様が繋がるように柄付けをして染め上げてあります。   未仕立てでも柄の配置がわかりやすいように、仮絵羽(仮縫い)の状態で置かれていることが多いです。  訪問着の他、留袖・振袖にも絵羽模様が使われています。

柄の入り方はいろいろで、総模様・肩裾模様・腰高模様などがありますが、上前の裾~脇縫い~背縫い~下前へとぐるっと繋がっていることが多く、 衿~胸、袖にも模様が入っていると豪華に見えます。

訪問着の裾模様
訪問着の袖模様

八掛(裾回し)は、揃いの共八卦が使用されるのも、訪問着の特徴です。

共八掛

振袖も誂える時には「仮絵羽(仮縫いの状態)」から仕立てることが一般的ですが、訪問着は振袖ほど袖を長くは仕立てません。

とはいえ、袖丈が特に決っている訳でもないので、若い人や背の高い人は少し長めの袖丈にすることがあります。 ミス・ミセス、どちらの方も着ることができる着物です。

↑ PAGE TOP

訪問着の紋と格

訪問着は「第一礼装の黒留袖・色留め袖(ミセス)・振袖(ミス)の次に格のある着物」という位置づけで、紋を付ければ「準礼装」・紋なしで「略礼装」となる着物です。

準礼装と略礼装の違いはわかりにくですが、礼装を簡単にしたものが略礼装なので、フォーマル度の高い順に「礼装・準礼装・略礼装」となるイメージだと思っています。

 

訪問着が登場したのは明治以降で、大正時代に「公式な訪問の際の社交用の着物」として誕生した「訪問服」が、現代の訪問着のルーツであるとも言われています。

一般的に着られるようになったのは、昭和の初め。 その当時は三つ紋、もしくは一つ紋をつけるのが、当たり前であったようです。

■1つ紋の例(丸に染め抜き日向紋・縫いの陰紋)
染め抜き紋
縫い陰紋


 

最近は、柄の豪華な訪問着には、あまり紋入を見かけません。 むしろ少しあっさりした柄ゆきの「付下げ訪問着」に1つ紋を入れることの方が多いと思います。 

背に1つ紋が入るだけで、卒入学式や結婚披露宴など、より一層「正式な場所」へ出席するに相応しい改まった感じの着物になります。

紋については別途書きますが、1番格式高いのは「染め抜き日向紋」です。 ただ、白く抜いた紋を入れると格式張ってしまい、逆に使用範囲が狭くなってしまうため、 最近では、あえて縫い紋を入れるということも多いです。 

金糸などで入れた縫いの陰紋は目立たないので、軽めの席にも着やすい「紋入り訪問着」となるからです。 しかしながら、 「紋を目立たせたくないなら、入れなくたっていいじゃない? どうせ入れるなら白く抜くべき」と着物に詳しい方に言われたこともありますので、誂える際にどっちにするか?は、悩ましいところですね。

■縫い一つ紋入りの付下げ訪問着
付下げ訪問着

※付下げ訪問着=付下げの着物で衿や衽で模様がつながっているもの

※付下げ着物=柄が上向き。衿と肩、裾の衽と前身頃の模様が繋がっていないもの。


 

訪問着は、紋が無くても、色無地の三つ紋付と同格です。 基本的にはセミフォーマルの着物になりますが、紬などの趣味性の高い訪問着は、礼装としては使えません(後述します)。


 

↑ PAGE TOP

訪問着のTPO。格と帯合わせ

一言で訪問着と言っても、金糸銀糸・箔使いなどのゴージャスなものもあれば、スッキリと落ち着いた印象のものもありますし、 古典的なもの・モダンで現代的なものなど、素材もデザインもいろいろです。 着て行く場所(シーン)や着る人の立場・年齢・個性によって、合ったものを選ぶ必要があります。

準礼装として着る訪問着なのか? パーティーやちょっとしたよそ行き着として着る趣味性の高い訪問着なのか?によって、締める帯も変わってきます。

準礼装(セミフォーマル)としての訪問着の帯

披露宴ゲスト・訪問着の帯

結婚披露宴に招かれたゲストさんの訪問着の写真です。

結婚披露宴の訪問着1 結婚披露宴の訪問着1-2

結婚披露宴の訪問着2 結婚披露宴の訪問着2-2

セミフォーマルとしての訪問着には、錦織(佐賀錦・綴錦・唐錦)といった織り帯や、琥珀織り、金銀箔使いの袋帯を合せます。 本綴れの帯なら、名古屋帯でも良いそうです。

古典柄の着物には、古典柄の帯を合わせるとしっくりきます。 格の高い文様としては、松竹梅・鶴亀・吉祥模様(桐鳳凰)・有職模様・正倉院模様(宝物文)などがあります。

袋帯は二重太鼓にするのが一般的ですが、若い方なら「お太鼓系の控えめな変わり結び」にしても大丈夫です。

お祝いの席には「末広」を帯にはさむと良いです。


 

七五三・卒入学式等ママの訪問着の帯

七五三宮参りやお子さんの卒・入学式のママの着物は、少し控えめな雰囲気の「付下げ訪問着」がお勧めです。  あくまでお子さんが主役なので、付き添いのママが目立ってしまってはいけません。 帯も着物に合わせた袋帯を選んでください。

七五三ママ・付下げ訪問着の帯

5歳のお子さんの七五三。ママの着物です。

七五三ママの付下げ訪問着 七五三ママの付下げ訪問着帯

入学式ママ・付下げ訪問着の帯の例

入学式訪問着

ワタシの場合、小・中・高の卒入学式は、下の2つの付下げ訪問着と1つ紋の無地着物を、帯を変えて着まわしました。

■卒・入学式によく着た着物(付下げ訪問着と1つ紋の無地着物)
卒入学の付下げ訪問着
一つ紋の無地着物


 

お茶会・卒入学式など、控えめで格のある帯が合うシーンには、付下げの着物に名物裂写しの帯や焼箔の帯もおすすめだそうです。

■訪問着に合いそうな袋帯いろいろ
袋帯いろいろ


 

特に↓こちらの袋帯は、どんな着物にも合うので便利でした。 金ぴかすぎず・いろいろな色が程よく入っていて・四季を限定しない柄の帯は、使い勝手が良いです~

使い勝手の良い袋帯
※レンタル呉服店の処分市で買った「訪問着用の袋帯」です。


 

着物と帯のコーディネートは、格や色調を合せることはもちろんですが、古典なら古典・モダンならモダンと雰囲気を合せると、素敵に見えると思います。

■お友達の素敵な訪問着コーデ
訪問着モダン


 

↑ PAGE TOP

紬など趣味性の高い訪問着

訪問着に使用される素材(生地)には、縮緬(一越・二越)・紋綸子・緞子・紋意匠縮緬(地紋を織り出した縮緬)、梨地(細かいシボ生地)などがあります。

その他、後染めの結城紬や絵羽模様に織り上げた紬、更紗・ろうけつ染め・絞りなどの訪問着がありますが、こうしたものは、 カジュアルなパーティ・観劇・お正月といった「ちょっとしたお出かけ」に向いているお洒落用の着物になります。

「趣味性の高い訪問着」の帯は、綴れ織りや色箔の袋帯(または名古屋帯)、洒落袋帯を合せます。

■紬の汕頭刺繍・訪問着
紬の訪問着

上の紬はほっこりとした真綿系の質感ですが、ツベっとした大島紬の訪問着もあります。 紬地ですので、訪問着であってもフォーマルシーンでは着れません。


 

付下げの着物

付け下げの着物

付下げは、柄が上を向くように仮仕立てをして模様付けをした着物です。 衿や袖で絵羽になっていない「付下げ模様」の着物と、衿や衽で模様がつながっている「付下げ訪問着」の着物について。

結婚披露宴の訪問着

結婚披露宴の訪問着

結婚披露宴に着る着物。 訪問着を着る場合の帯・小物合わせやレンタル着物について。

↑ PAGE TOP


 


 

↑ PAGE TOP